秋波止で高級魚ヒラメ&マゴチ狙うなら『ブッコミ飲ませ釣り』で決まり

秋波止で高級魚ヒラメ&マゴチ狙うなら『ブッコミ飲ませ釣り』で決まり

秋の波止は小物から大物まで狙える絶好シーズンです。今回は、釣った小魚をエサにヒラメやマゴチなどを狙う「ブッコミ飲ませ釣り」を紹介。

(アイキャッチ画像撮影:TSURINEWS関西編集部・松村計吾)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

「ブッコミ飲ませ釣り」とは

秋の波止回りは夏場から釣れ続く小アジや小サバ、イワシなどの小型回遊魚が盛んに釣れます。そして、それら小魚を追ってハマチなどの大型回遊魚が波止回りにやってきます。と、同時に普段から波止回りに身を潜めている魚食性のヒラメやマゴチなど、あまり回遊をしない魚の活性も上がることになります。

回遊魚狙いは海底付近ではなく、中層や表層近くを狙うことが多いので、エサを中層で止めておくことができるウキ釣りがメインです。対して、ヒラメやマゴチといった海底に潜む魚をメインに狙う場合、ちょい投げや投げ釣りのように重めのオモリで海底に仕掛けを沈めて待つ、ブッコミスタイルの飲ませ釣りを多用します。

ブッコミ飲ませのターゲット

ブッコミ飲ませ釣りで狙えるターゲットは、前述のように海底付近に潜んでいるフィッシュイーター(魚食性の魚)です。

ヒラメ

メインターゲットは何といってもヒラメです。ヒラメはあまり水深がないような波止回りでもけっこういて、特にエサとなる小魚の集まりに敏感です。

以前、サビキ釣りをしていると、小アジがまきエサに群れる横(水面から2mほどの深さ)で、小アジの群れを見つめるように浮いていて、サビキに掛かった小アジを猛然と襲う姿を確認しました。また、漁港内で海底が見えているような場所で、よく見るとヒラメが数匹溜まっていて、そこは小アジなどが溜まりやすい地形でした。その際も小アジをエサに海底に落とすやいなや飛びついてきた記憶があります。

マゴチ

もう一つの代表格がマゴチです。マゴチも大きな回遊はしないまでも、エサとなる小魚を探して、海底付近をウロウロしていることが多く、サビキ釣りなどで小魚を寄せていると寄ってくることもありますが、ヒラメに比べると、独自にエサを探して徘徊しているイメージが強いです。

秋波止で高級魚ヒラメ&マゴチ狙うなら『ブッコミ飲ませ釣り』で決まりヒラメと並ぶ代表ターゲットのマゴチ(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

また本来は中層などでエサを探すスズキやハマチ、メジロ、ブリなども時として、海底に入り込んで底の方で食ってくることがあります。なので、ブッコミ飲ませでのターゲットは非常に幅広いと言えます。

次のページで『使用する仕掛け』を紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。