オフショアジギング&タイラバの二刀流で五目釣り達成【福岡・司丸】

オフショアジギング&タイラバの二刀流で五目釣り達成【福岡・司丸】

10月2日、新宮漁港(福岡県糟屋郡)の司丸からジギング、タイラバ釣行へ。ヒラマサ、ヤズ、ネリゴ、アコウ、タカバと、次々に上がって大満足の釣行となった。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・杉俊廣)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

司丸でジギング&タイラバ

10月2日、新宮漁港(福岡県糟屋郡)の司丸からジギング、タイラバでの釣行。今回のメンバーは、釣友の谷口さんと菊竹さんと私の3人だ。平均年齢75歳。

谷口さんは前回アラカブ1尾、菊竹さんは2回続けてボウズ、私はサゴシ1尾だった。帰りに船長と副船長が釣った大きなヒラマサを3人ともにお土産に頂いた。そういうことで、今回はリベンジに来た。

午前6時出港ということで、3人で5時30分に新宮漁港で待ち合わせ。先客の若者が数人。あいさつした後に道具やクーラーを積んで出港。この船は森船長と福田副船長の2人体制。親切で細やかな対応をしてくれるので非常に助かる。

50分ほどで今回のポイントに到着。ジギングロッドに電動リールをセットして、130gのジグをつけて投入。「水深42m」と船長からの声が掛かる。

オフショアジギング&タイラバの二刀流で五目釣り達成【福岡・司丸】筆者のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・杉俊廣)

ヤズにネリゴにアコウ

ボトムまで落として、シャクりながら巻いていく。年寄りには電動が楽だ。15分ほど繰り返してもアタリなし。船長から「移動します」との声。回収して待つ。

しばらく走って「どうぞ」の声。2分ほどしてミヨシ(船首)で釣っていた若者がネリゴを釣り上げた。

またしばらくして移動。斜め後ろで釣っていた谷口さんが「来た」と叫んだ。見てみると、電動ではなくスピニングで巻き上げていた。「巻くのが大変」と笑いながら、来たのはヤズ。

オフショアジギング&タイラバの二刀流で五目釣り達成【福岡・司丸】2kg級のヤズ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・杉俊廣)

菊竹さんにもサオ先がドスンと。上がってきたのは2kg超のネリゴ。ミヨシの方でもアコウが上がった。

4kg級ヒラマサ浮上

私は羨望の眼差しで釣っていたが、やっと来た。すいすい上がってきたので青物ではないと思った。ヤガラだったが、釣り上げた空中でフックアウト。残念。リリースしたことにしよう。

気を取り直して釣っていると、サオ先が海面に吸い込まれるようなアタリ。巻き上げスイッチを全開にしても、時々ラインが出ていく。腕が痛い。やっと上がってきたのは4kgほどのヒラマサ。

オフショアジギング&タイラバの二刀流で五目釣り達成【福岡・司丸】ヒラマサ4kg級を手中(提供:週刊つりニュース西部版 APC・杉俊廣)

良型タカバ登場

次に菊竹さんが大きなタカバを釣り上げた。次に谷口さんが大きなヒラマサを船べりでバラシ。残念。途中、潮が動かず釣れない時間があったが、誰かが釣っている感じで楽しめた。

オフショアジギング&タイラバの二刀流で五目釣り達成【福岡・司丸】菊竹さんは根魚の大型タカバを披露(提供:週刊つりニュース西部版 APC・杉俊廣)

午後3時納竿で、ヒラマサ、ヤズ、ネリゴ、アコウ、タカバと、次々に上がって大満足の釣行となった。

<週刊つりニュース西部版 APC・杉俊廣/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
司丸
出船場所:新宮漁港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年10月23日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。