今さら聞けないアジングのキホン:誘い方とジグヘッド形状の関係とは

今さら聞けないアジングのキホン:誘い方とジグヘッド形状の関係とは

アジングではジグヘッドの選定が重要だ。ウエイトはもちろん、「形状」も大切。そこで今回は釣り方に合わせた「最適なジグヘッドの形状選び」を紹介しよう。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

アジングの誘い方4選

アジングでの誘い方は、筆者の考えでは4つある。また、それぞれの誘い方に合ったジグヘッドの形状がある。まずは基本となるアジングでのジグアクション4パターンを紹介したい。

1. リトリーブ

もっともシンプルなアクションが「リトリーブ」だ。ジグヘッドを横に巻いてくる。ただ投げて巻いてくるだけだが、レンジ(水深)と、巻き速度を意識しよう。単調に同じような巻き方をしていても、アジの目の前を通らなければ釣れない。

基本はスローリトリーブ(ゆっくり巻く)で、その都度釣ってくるレンジをかえよう。アジはある一定のレンジに群れていることが多いので、一発どこかでアタると、同じレンジでアタり続けることが多い。

2. レンジキープ

レンジキープという釣法は、アミパターンのアジに対応するための釣り方である。特にひなびた漁港の、ある一定の場所に群れているアジは、プランクトンを捕食している。よって釣り方は、ワームをプランクトンに見せること。そこでこの「レンジキープ」でいく。

釣り方は簡単で、軽量リグ(1gアンダーで着底しないような重さ)を、水中でふわふわと漂わせるだけ。リーリングもラインスラックを取るだけで、ときどき「ちょんちょん」と竿先を動かし誘いをかけてやると、アジが飛びついてくる。

3. ダート

ダートはアジの活性が低いときに試してみる。激しい動きで、捕食のスイッチを無理やり入れてやる感じだ。水中に投じたリグを、キレのよい左右の動きでアクションさせ、それが偶然目の前に入ったアジに、「なんだこれは!」と思わせ口を使わせる。

まったく気配がない時でも、これを一発やると、1匹だけ釣れてくることがよくある。ただダートの水切り音は水中の魚をスレさせてしまうので、同じ場所で長く続けないようにしよう。

4. リフト&フォール

最後に「リフト&フォール」。アジは目の前に現れた捕食対象が一旦視界から消えて、落ちてきて再び視界に目に入ったものに、反射的に飛びつくという本能があると言われる。竿を立ててやや早めに少しリグを巻き上げ、スッと竿先を下げてラインテンションを抜いてやると、そこでバイトがくる。

次のページで誘い方とジグヘッド形状の関係を解説

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。