秋の夜長にトップゲーム堪能 60cm超ナマズをキャッチ【愛知・五条川】

秋の夜長にトップゲーム堪能 60cm超ナマズをキャッチ【愛知・五条川】

9月下旬、愛知県清須市を流れる五条川へ、ナマズのトップウォーターゲームを楽しむために出かけたが、バラシ連発。苦労の末の1匹に思わずガッツポーズした。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・戸田英明)

TSURINEWS編集部

ルアー&フライ ナマズ

五条川でナマズゲーム

9月下旬、愛知県清須市の五条川でナマズのトップウォーターゲーム。

当日の現地着は午後9時ごろ。タックルは、ロッドがモンスターキッス ディアモンスターMXー7、リールがシマノカルカッタコンクエスト100だ。ルアーはスミスキャタピーのタレブラックカラーを準備した。

秋の夜長にトップゲーム堪能 60cm超ナマズをキャッチ【愛知・五条川】当日のタックル(作図:週刊つりニュース中部版 APC・戸田英明)

春日新橋周辺でヒットするも

まず入ったのは春日新橋周辺。遊歩道を歩きながら探る。護岸際へダウンスキャストし引いてくると、早速水面が盛り上がってルアーを追いかけてきた。そしてバフゥと水柱が立ったが、フックアップせず。

すぐにキャストすると反応は出るが、やはり掛からない。そこで、少しでも食い込みがいいように、ボディーのマテリアルが柔らかいキャタピーソフトのピンクイモムシカラーにチェンジ。護岸際にキャストして探っていると、ロッドを握る手に魚の重みを感じた。

ラインを巻きながらアワセを入れたが、首振りであっけなくバレてしまった。思わず天をあおぐ。

下流へポイント移動

その後、反応はなくなってしまったので移動する決断をしたが、上流か下流かで悩んだ。上流は潮の影響を受けないが、ポイントまで時間がかかる。下流はすぐに行けるが、春日橋下流の水門より下流は潮の影響を受けるので、水位が低く底が露出している所が多い。

結果、時間的なことを考えて下流に決定。到着して周囲を見渡すとやはり干潮でポイントはことごとく干上がっていた。

普段は岸際を狙うが、川の中央に少し深みがあったので、探ってみる。

60cm超のナマズをキャッチ

奥の小さな中洲の上流にキャストして引いてくると、深み周辺は川の流れがもろにルアーに当たるので、少しラインテンションをかけながら流れに乗せ、ルアーがUの字を描くように探る。

すると深みを出た瞬間、ボフゥッと水柱が立った。そのまま引いてくると、2度目の追撃でヒット。伝わる重量感からすぐに良型だと分かった。

首を振った後、流れに乗って周囲の岩やゴミたまりへと逃げ込もうとする。冷や冷やしながら寄せてキャッチしたのは、60cmオーバーのナマズ。思わずガッツポーズが出た。

秋の夜長にトップゲーム堪能 60cm超ナマズをキャッチ【愛知・五条川】苦労して獲った1匹にガッツポーズ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・戸田英明)

反応は簡単に出るが、なかなかキャッチには至らなかったので、うれしい1匹となった。

次のページで今後の展望について

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。