堤防アジングで良型20尾 キャロリグのボトム狙い奏功【熊本・通詞島】

堤防アジングで良型20尾 キャロリグのボトム狙い奏功【熊本・通詞島】

熊本県天草「通詞島」の堤防でアジングゲーム。当日は活性が高く、キャロでボトムを狙い、良型アジが連発した釣行をレポートしよう。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・花田浩晃)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

通詞島の堤防でアジング

天草市五和町・通詞島の堤防には、9月22日の夜に到着したが、まだまだ釣り人が多い。空いている場所に入り、アジングを開始し、時合いを待つ。常夜灯周りの表層には豆アジらしいボイルがたまに見られる。アジは入っているようだ。

堤防アジングで良型20尾 キャロリグのボトム狙い奏功【熊本・通詞島】ポイント図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・花田浩晃)

キャロリグタックルを選択

しばらく待っていると潮が動きだし、タックルの準備をする。ここのポイントは潮流が速く、表層では豆アジばかりなので、ジグヘッドリグではボトム付近を探れない。当然、ヘビーキャロの出番となる。

まずはMキャロN‐8gのキャロリグを組み、ワームは豆アジにのませないように2.5インチのボリュームあるワームをチョイス。

堤防アジングで良型20尾 キャロリグのボトム狙い奏功【熊本・通詞島】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・花田浩晃)

ボトムではカマスにサバ

本流にキャストし、しばらく沈め、ボトム付近をドリフトさせながら手前まで探っていくとコンッとアタリがあり、すかさずアワセを入れてヒットしたものの、引きが違う。キャッチしたのは25cmほどのカマス。

リグが浮いていたのかもしれないと、ボトムを意識しながら同様に探ると、またヒット! 今度も引きが違う。今度は20cmちょいのサバだった。

ボトムで24cmアジ

どうやら常夜灯の明るい場所に陣取っているようなので、今度は沖の本流筋を狙うことにした。やや潮上にキャストして、ボトム付近まで落として2回ほどシャクって誘い、フォールさせながらドリフトさせていくとコンッとアタリがありヒット!今度は本命のようだ。流れに乗っているのでよく引いて楽しい。上がってきたのは24cmのアジ。

「まだいるか?」とキャストし探ると、またヒット! 同サイズをキャッチした。どうやらこの日の居場所は本流筋のようだ。

堤防アジングで良型20尾 キャロリグのボトム狙い奏功【熊本・通詞島】よく引いた24cm(提供:週刊つりニュース西部版 APC・花田浩晃)

次のページで最終釣果を発表!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。