『落とし込み釣り』が秋の本格期突入 青物以外の大型魚も続々【愛媛】

『落とし込み釣り』が秋の本格期突入 青物以外の大型魚も続々【愛媛】

9月30日に、愛媛県日振島の落とし込み釣りに出かけた。この日は青物をはじめいろいろな大物がヒットし、いよいよ本格的シーズンインを確信する釣行となった。

愛媛県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・濱堀秀規)

濱堀秀規

徳島県在住の濱堀秀規(ハマちゃん)と申します。「地球は僕らの遊び場さ」と磯釣りや船釣りで1年どこかの海を駆け回っています。得意技はフラれる事、特にお魚に。釣り記事以外にも、徳島の農産物と食を題材に「浜ちゃんのうまいモノ絵日記」と題したコラムを10年以上毎月連載中。マルキユーフィールドスタッフ。1級小型船舶操縦士。

×閉じる

船釣り エサ釣り

メーター超の『ニベ』が浮上!

そして工藤先生に大物がヒット。「先生慎重に!デカいよ、慎重にね。」 と、今度は横で私がサポートした。すくった魚は大物ニベであった。「デカいわ。」、「ニベってメーター超えるんやね。」と驚きの大きさである。

「私にはこんなんしか釣れないわ。」とグチっていたが。そのすぐ後に工藤先生が掛けて釣り上げたのは、きれいなマダイである。「お美しい、雌のベッピンさんやね。」の言葉に、ニコニコと機嫌が直っていた。

『落とし込み釣り』が秋の本格期突入 青物以外の大型魚も続々【愛媛】工藤先生にニベ(提供:WEBライター・濱堀秀規)

その後も、ハマチサイズを中心に、そこそこ食ってきた。この時にクーラーを開けるとイエローテールは5~6匹にマダイに、黒星フエダイほかが入っている、もう十分である。他の人たちも、イエローテールを中心に数匹ずつ釣り上げていた。まさしく、活きエサの落とし込み釣りは五目釣りになる。との言葉どおりの釣果である。

『落とし込み釣り』が秋の本格期突入 青物以外の大型魚も続々【愛媛】賑やかな私のクーラー(提供:WEBライター・濱堀秀規)

いよいよ本格シーズンイン

宇和海は、いよいよ、落とし込みのシーズンインである。もう少し水温が下がってくると、徳島県南でも落とし込みのシーズンになるだろう。人は海から生まれて進化したと言われるが、さあ、釣りはやめられません。

地球は僕らの遊び場だもの。

<濱堀秀規/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り船について
はま渡船
出船場所:新内港

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。