沖のライトジギングで青物乱舞 潮動き始めにヒット集中【シーズナル】

沖のライトジギングで青物乱舞 潮動き始めにヒット集中【シーズナル】

台風が通過した9月中旬、シーズナルから出船し、長崎・佐世保沖でライトジギング。ブリ、ヒラマサ、マダイなどが連発した釣行をレポートしよう。

長崎県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・相良宏人

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

シーズナルでライトジギング

今回はイサキシーズンのライトジギングより少し重めの60~120g前後のジグで展開していく。ターゲットとなるのはヒラマサ、ブリ、カンパチなどをはじめ、アコウ、オオモンハタ、マダイなどである。

日の出の時間が午前6時前後と遅くなり、肌寒さも感じ、秋らしくなってきた9月中旬の6時にシーズナルの2号艇で出港した。この日の潮汐は新月前の中潮。上げ潮からのスタートだ。船を1時間ほど走らせ、釣り場へ到着した。

沖のライトジギングで青物乱舞 潮動き始めにヒット集中【シーズナル】当日のライトジギングタックル例(作図:週刊つりニュース西部版 APC・相良宏人)

腹パンのヤズをゲット

最初のポイントは水深20m、トップの岩礁エリア。水深40mほどの位置に船を着け、岩礁の上を流していくが、イマイチ反応が得られない。時間的には満潮前のタイミングであったが、潮の動きが芳しくない。

そこで、さらに沖へ20分ほど船を走らせることにした。しかし、イマイチ潮が良くない。ひとまず船をポイントへ着け、流していく。

ほとんど流れのない海だったが、同行者のロッドが曲がった。青物だ。ロッドが絞られていく。ラインが根に擦れないようにしっかりファイトして、上がってきたのは腹パンパンのヤズだった。まずは今回の目標の青物をキャッチ。押しの弱い潮の中、登場してくれた。

60cmネリゴをキャッチ

そして、そのまま船を流していくと、別の同行者のロッドが曲がった。また青物だ。上がってきたのは60cmほどのネリゴ。カンパチと呼んでもいいナイスサイズだ。おいしい魚のキャッチに船中は盛り上がった。

沖のライトジギングで青物乱舞 潮動き始めにヒット集中【シーズナル】ネリゴ(カンパチ)60cmが強引を見せた(提供:週刊つりニュース西部版 APC・相良宏人)

そのまま船を流していくと、ヤズ、ヒラゴ、アコウとおいしい魚たちを追加することができた。

下げ潮で大型イサキ

時間的には下げ潮が利いてもいい時間だが、上げ潮が残っていて、なかなか潮が動かない。そこで、また移動し、下げ潮が速いポイントへ。

ここは瀬周りで潮が動いていると潮波が立つポイントだが、水面はぺたりとしていた。おとなしく潮を待つも、なかなか潮が来ない。時間的には下げ開始から3~4時間ほどたった時間だ。魚の反応もイマイチ良くないので、また移動することに。

次のポイントに着いて船を着け、流していくと、少しだけ下げ潮が利き始めていた。船を着け直し、流していくと、ヤズ、ヒラマサ、イサキをキャッチ。

沖のライトジギングで青物乱舞 潮動き始めにヒット集中【シーズナル】大型のイサキも出て船中にぎやか(提供:週刊つりニュース西部版 APC・相良宏人)

潮動き青物好反応

そうこうしていると一気に潮が動き始め、ブリ、ヒラマサ、マダイなどが連発。潮とともに一気に魚の反応も上がり、大漁の水揚げとなった。

沖のライトジギングで青物乱舞 潮動き始めにヒット集中【シーズナル】潮が利き出して青物が連発(提供:週刊つりニュース西部版 APC・相良宏人)

ひとしきり釣ったところでクーラーが満タンになったので、納竿となった。

これから秋に向かいヒラマサ、ブリなど型も数もそろい、楽しい季節になってくる。これからの海に期待である。

沖のライトジギングで青物乱舞 潮動き始めにヒット集中【シーズナル】中型のヒラマサ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・相良宏人)

<週刊つりニュース西部版 APC・相良宏人/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
シーズナル
出船場所:長崎県佐世保市相浦港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年10月9日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。