『ジギングサビキ』で尺級アジ続々 フォールにアタリ連発【新宮沖】

『ジギングサビキ』で尺級アジ続々 フォールにアタリ連発【新宮沖】

9月27日、釣友2人と和歌山・新宮沖へジギングに出かけた。状況が悪く本命の釣りはできなかったが、ジグサビキで良型アジのお土産をゲットすることができた。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・平野和弘)

平野和弘

和歌山県那智勝浦町在住のサンデーアングラー。宇崎日新(ARES)のテスター&アドバイザーをさせて頂いてます。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

テクニカルさが魅力

ジギングサビキというとお手軽なイメージもあると思うが、ターゲットを決めて狙うと、意外にテクニカルで面白い釣りである。

文章内に書いたようにフォールでのヒットが多いが、誘いが合わないと全く反応をしてくれないこともある。機会があればぜひチャレンジしていただきたい釣りである。

『ジギングサビキ』で尺級アジ続々 フォールにアタリ連発【新宮沖】使用したタックルと仕掛け(提供:WEBライター・平野和弘)

<平野和弘/TSURINEWS・WEBライター>

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。