シーズン突入の「マコガレイ」を投げ釣りで手中 好ゲストに56cmニベ

シーズン突入の「マコガレイ」を投げ釣りで手中 好ゲストに56cmニベ

10月3日、徳島の吉野川河口と兵庫・明石の海浜ベランダで投げ釣り。夜明けからカレイを狙い、本命と良型ニベを仕留めた釣行をレポートしよう。

徳島県のリアルタイム天気&風波情報

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・長谷川靖之)

長谷川靖之

大海原に向かってのフルキャスト!どんな魚が釣れるか分からないワクワク感が投げ釣りの最大の魅力です。そんな投げ釣りの魅力を皆様にお伝えできればと思います。よろしくお願いいたします。

×閉じる

海釣り 投釣り

関西のカレイ釣りシーズン

朝夕の冷え込みが強まってくると、我々投げ釣りマンが意識するのが乗っ込みカレイの状況である。関西圏のカレイ釣りは9月下旬からチラホラと便りが聞かれ始め、10月下旬ごろから本格的に釣れ始める。

とはいうものの年々個体数が減少しているのか、簡単に釣れる魚ではなくなっているのが実情だ。私もここ数年はカレイ釣りだけに出掛けることはなくなり、夜釣りで他魚を狙い、そのついでに夜が明けてからカレイ釣りをするパターンが定着している。

吉野川河口で56cmニベ

10月2日の金曜日、仕事を終えてから車に荷物を積んで堺市の自宅を出発。まずは最近、大型のニベとキチヌが釣れている徳島市吉野川河口を目指した。

到着後すぐに4本のサオを並べてアタリを待つ。早速ドラグを鳴らすアタリで登場したのはウチワほどのアカエイだ。その後は右に投げても左に投げても、エイ、エイ、エイのエイ祭り。中には直径が50cmを超えるサイズも交じり腕がパンパンだ。

そんな中、夜明け前にエイとは違う高速でドラグを鳴らすアタリで、本命ニベが登場。サイズも56cmと納得サイズ。

シーズン突入の「マコガレイ」を投げ釣りで手中 好ゲストに56cmニベ吉野川河口で仕留めたニベ56cm(提供:WEBライター・長谷川靖之)

ここでいったんサオを仕舞い、淡路島を経由して本土に戻った。まずはファストフード店で腹ごしらえ。

ポイントの明石海浜ベランダは下げ潮の激流が落ち着かなければ釣りにならないので、慌てて釣り場に行く必要がないからだ。

▼この釣り場について
吉野川河口

次のページで『明石海浜ベランダ』でカレイ連発!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。