秋のアオリエギングで『数釣り』を達成するための重要ポイント3選

秋のアオリエギングで『数釣り』を達成するための重要ポイント3選

ついに秋のアオリイカエギングが最盛期に突入!秋イカ狙いの釣りで、確実に1杯ずつ釣果を伸ばし、他アングラーに差をつけるためのメソッドを紹介したい。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・野中功二)

野中功二

伊豆をメインフィールドとするローカルアングラー。エギングメインですが、ジャンル問わず、海山に囲まれ自然に恵まれた伊豆で旬の釣りを楽しんでいます。

×閉じる

ソルトルアー エギング&イカメタル

1. フィールドに着いたら行うこと

まずは、海面の浮遊物を確認!これは「潮の流れ」を安易に確認できる目安なので、是非実践して欲しい。ポイントによっては、潮の流れでアオリイカの回遊ルートがあるかないかが分かれる場合もある。

また、堤防上の墨跡など確認することも大事だ。釣れた実績の確認・立ち位置といった、釣果を得るのに少しでも役に立つファクターとなる。

海底の地形確認も大切である。潮が澄んだポイントなら偏光サングラスを使用して障害物やブレイクラインの確認など、自身の立ち位置からの変化のある場所を目視できる。日中に得た情報はナイトエギングでも武器となるだろう。

秋のアオリエギングで『数釣り』を達成するための重要ポイント3選まずはフィールドを観察(提供:WEBライター・野中功二)

2. エギの選択

エギのサイズも様々だが、新子だと2.5号~3.0号が主体となってくる。タイプは大きく分けて大分型、足付きのエギと2種類ある。アクションも異なるので、使い分けが有効となるだろう。大分型と足付きの複合エギもある。

アクションだが、秋イカはフレッシュなイカが多く好奇心高め。エギを見つけた瞬間、猛ダッシュで距離を詰めてくることもある。特にナイトエギングではエギを目視できないため、イカがエギを抱くまでの動きを想像する事が重要だ。

エギのカラーだが、新月・満月で基本的に使うカラーが異なる。秋イカでは派手な色を基本に使用し、状況に応じたカラー選択をしたい。闇夜の赤テープや月夜のシルバー、ケイムラといった基本的なカラーで良い。

秋のアオリエギングで『数釣り』を達成するための重要ポイント3選多種多様なエギ(提供:WEBライター・野中功二)

次のページで「ラインの選択」について解説!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。