秋のアオリエギングで『数釣り』を達成するための重要ポイント3選

秋のアオリエギングで『数釣り』を達成するための重要ポイント3選

ついに秋のアオリイカエギングが最盛期に突入!秋イカ狙いの釣りで、確実に1杯ずつ釣果を伸ばし、他アングラーに差をつけるためのメソッドを紹介したい。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・野中功二)

野中功二

伊豆をメインフィールドとするローカルアングラー。エギングメインですが、ジャンル問わず、海山に囲まれ自然に恵まれた伊豆で旬の釣りを楽しんでいます。

×閉じる

ソルトルアー エギング&イカメタル

3. ラインの選択

最後にラインの選択について。ラインの種類を大別すると、水に沈む「シンキングライン」と水に浮く「フローティングライン」がある。

シンキングライン

まず、シンキングラインについて紹介しよう。

このラインのメリットは「風の影響を受けにくい」「ウネリのある時ラインが水面下に沈むことから海水に馴染みやすい」「一定の層をトレースするのに有効」「潮の動きのある層を見つけやすい」などが挙げられる。

一方デメリットは、「ラインが沈むのでエギが前に動きやすくなる」「根ズレが多くなる」「ラインが重い」などが挙げられる。メリット・デメリットを把握して、使い分けると良いだろう。

秋のアオリエギングで『数釣り』を達成するための重要ポイント3選PEラインと新素材ライン(提供:WEBライター・野中功二)

フローティングライン

次に、フローティングラインについて紹介しよう。

フローティングラインのメリットは、エギの移動距離を少なくして、アオリイカにアピールさせることができる点だ。じっくりとエギを見せることができるだろう。ラインが軽く、飛距離も稼ぎやすいのも大きな武器となる。

デメリットは風の影響や波の影響を受けやすいこと。そして、潮の流れを点でアプローチしか出来ないのもデメリットになるだろう。

縦系のアクションが得意なエギには有効なラインだろう。場所や状況に合わせて、適切な「アクション」「タックルセッティング」「エギ選択」をすることが1杯に繋がるはず。

<野中功二/TSURINEWS・WEBライター>

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。