波止ライトゲームでカサゴ シーズン変わり目は根魚狙いが吉?【大阪】

波止ライトゲームでカサゴ シーズン変わり目は根魚狙いが吉?【大阪】

悪条件と言われる「若潮」回りに大阪南港へ釣行。ライトゲームでチヌやタチウオも反応ない中、強い味方の根魚はまずまず。やはり端境期は根魚狙いが吉だ。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

大阪南港でライトゲーム

潮周りで「長潮」の次に魚の活性が上がりきらないといわれる「若潮」。古い潮と新しい潮が入れかわる状態の海なのだと言われ、「新しい潮」と聞くと何か期待を持ってしまいそうになるが、個人的にも当たり外れのある印象だ。今回はそんな若潮の日に、大阪南港に釣りに行ってきた。ライトブリームゲームがメインで、少しタチウオも狙ってみることにした。

釣行日は9月27日。晴れで西風が4mの予報だ。若潮回りの条件で17時30分~20時前後を釣りタイムとした。到着して、準備にとりかかる。

当日は風が強め

ラインをガイドに通しながら、「今日は少し風がキツいかもな」と思った。PEライン0.3号という細糸で波止際を引くライトブリームは、風が大敵だ。気を抜くとラインが煽られ、岸壁に擦ってしまう。海中でのリグの操作感も薄くなり、風によるハリの岸壁掛かり、根掛かりが多くなる。

その分、ジグヘッドを重くして挑むことにした。1.8gに2inchワームで、どうにか釣りは成立する。早速、波止際をリトリーブする。

波止ライトゲームでカサゴ シーズン変わり目は根魚狙いが吉?【大阪】何とか波止際をキープする(提供:WEBライター・井上海生)

まずはライトブリームゲーム

ここ最近好調だったライトブリームだ。いくら良くない潮でも、1匹くらいは何とかなるだろうと思っていた。実際、時合いに一発アタリが。

しかし、フッキングが浅かったようで、乗せバラし。潮が上がりきってからは、気配がなくなり、アッという間に夜になる。季節はもう秋なのだ。

多少、海水温が下がったせいもあるのだろうか。チヌは春の産卵による接岸~盛夏にかけての魚で、パターンを作ってポンポンと釣れるのは、この間だけなのかもしれない。

「ボトムふわふわ」でカサゴ

しかし、このポイントでこれまで釣ってきた実績を信じて、引き続き際をリトリーブ。夜になってカサゴがちょくちょくアタってくる。けれどこれもショートバイトで、なかなか乗せきらない。そこで考えた。もしかすると1.8gのジグヘッドが重くて、口に入らないのかもしれない。

ジグヘッドを0.9gにかえる。風に気をつけて、際を通し、岸壁に擦らないようにロッドを海側に差し出すようにしながら、ここ最近、私の根魚の新しい釣り方となっている「ボトムふわふわ」を試すと、良型のカサゴがヒットした。

これでひとまずボウズ逃れ。いやはや「若潮」、それも強めの風で、なかなか手こずらせてくれる。やはり、単調なリトリーブは良くなかったのかもしれない。若潮のような難しい潮の時には、より違和感なく魚に口を使わせるように、「ボトムふわふわ」を一の手としなければならないかもしれない。その後も数尾、同じパターンでカサゴを追加した。

波止ライトゲームでカサゴ シーズン変わり目は根魚狙いが吉?【大阪】カサゴは順調にヒット(提供:WEBライター・井上海生)

タチウオは無反応

この日は同じ釣り場に、電気ウキ釣り師が何人か入っていた。そういう時期なのだ。大阪南港では例年9月下旬から、アーリータチウオが始まる。

ただ、私が横目に見ていても、なかなか電気ウキが海中に入っていくことはない様子だった。それでも、もしかしたらルアーには反応するかもしれない…と思い、タチウオタックル(バスロッド7ft・MLに2500番リール、PEライン0.5号、リーダー12lb、先糸30lb)に持ちかえる。

レンジを刻んで表層、中層、ボトムとワインドとリトリーブで小一時間探ってみた。かなりていねいに探ったが、反応は無だった。

次のページで重量級の根魚がヒット!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。