ヘラブナ竿流用の秋ハゼ「ミャク釣り」で本命20匹手中【宮城・松島】

ヘラブナ竿流用の秋ハゼ「ミャク釣り」で本命20匹手中【宮城・松島】

休日はヘラブナ釣りに没頭している筆者ですが、10月になると気になるのが「ハゼ」。今回は宮城・松島付近でヘラタックルを使って釣りを楽しみました。

宮城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・菅野裕基)

菅野裕基

宮城県在住。淡水小物釣りから投げ釣りまでこなすアングラー。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

磯崎漁港での釣りは断念

10月3日(土)、ハゼを狙おうと、宮城県松島町の磯崎漁港へ。まだ型のよい「落ちハゼ」シーズンではないため、投げ竿で沖を狙うより延べ竿での足元を釣る「脈釣り」の仕掛けを準備。

13尺の硬調タイプのヘラ竿、仕掛けはトラブルに備えて2セットを用意しました。釣具店で青イソメを購入し磯崎漁港に着くと…そこには既に人、人、人!土曜日で休みの人が多いのか、ざっと30人以上が竿を出しています。どこにも入るスペースが無く、内心やっちまった感があります…。

この時点で午前10時過ぎ。潮見表では10時半に下げいっぱいになるため、ここでは竿を出さずに隣の手樽海浜公園へと動き出します。

ちなみに、磯崎漁港に入って左手、防波堤と橋を渡った場所に「カキ剥き工場」がある堤防があるのですが、どちらも釣り禁止エリアとなっています。看板にも書いてあるので注意して下さい。

ヘラブナ竿流用の秋ハゼ「ミャク釣り」で本命20匹手中【宮城・松島】当日のタックル(提供:WEBライター・菅野裕基)

手樽海浜公園でハゼ釣り開始

移動時間わずか10分で手樽海浜公園に到着、こちらは投げ釣り1組だけで静かです。

ヘラブナ竿流用の秋ハゼ「ミャク釣り」で本命20匹手中【宮城・松島】足元はゴロタ(提供:WEBライター・菅野裕基)

早速準備をして投入すると、なんと1投目からナイスな型のハゼがヒット!オモリ着底と同時に「ビビッ!」というハゼ特有のアタリです。小気味よい引き味を楽しみました。

ヘラブナ竿流用の秋ハゼ「ミャク釣り」で本命20匹手中【宮城・松島】この時期にしては型がいい型(提供:WEBライター・菅野裕基)

その後はポツポツと釣れ、1時間半ほどした頃にフグが多くなり、エサばかりを取られてしまい苦戦。このまま釣り続けてもいいのですが、エサの残り具合が不安なためここから20分ほどの東名運河に移動を決めました。

東名運河でも1投目でハゼ

昔から有名なハゼ釣りポイントである「東名運河」。足場は階段状になっているので、休日は家族連れの姿が多く見られる釣り場です。この日も釣り人の姿がポツポツありましたが、辛うじて1箇所だけ階段の場所が空いていたため、竿を出すことに。

ヘラブナ竿流用の秋ハゼ「ミャク釣り」で本命20匹手中【宮城・松島】東名運河のポイント(提供:WEBライター・菅野裕基)

仕掛けを投入後、またもや1投目で良型ハゼがヒット!しかし、やはり後が続きません。アタリはあるのですが針掛かりせず、場合によってはエサもそのまま残ってくる事態に。ちょっと雲行きが怪しくなってきました。

時刻は14時頃。こうなったら一か八か奥松島エリアに移動し、最後の望みをかけることにしました。

松ヶ島漁港に移動

移動が多い釣りも疲れますが、最後の松ヶ島漁港にすべてをかけることにことにしました。

ヘラブナ竿流用の秋ハゼ「ミャク釣り」で本命20匹手中【宮城・松島】漁業関係者に迷惑を掛けないよう注意(提供:WEBライター・菅野裕基)

やはり有名なハゼ釣りポイントなため、大勢の釣り人がいますが、みんなちょい投げでの沖狙い。私だけ延べ竿での足元を狙う釣りです。漁港の船溜まりの隙間を狙い打ち続けること数分、まずまずアタリがあります。前述の釣り場に比べるとサイズは落ちますが、飽きない程度に釣れてきます。

ヘラブナ竿流用の秋ハゼ「ミャク釣り」で本命20匹手中【宮城・松島】型は小さめ(提供:WEBライター・菅野裕基)

最終釣果

10匹ほど釣り上げたところで、漁師さんが漁から戻ってきたため、荷揚げの邪魔にならないように納竿することに。漁師さんに声を掛けられて雑談しましたが、やはり今年は水の動きが遅く、ハゼもまだ早いのでは?とのこと。この日は延べ竿のみで20匹ほど釣ることができました。

ヘラブナ竿流用の秋ハゼ「ミャク釣り」で本命20匹手中【宮城・松島】最終釣果(提供:WEBライター・菅野裕基)

次のページでハゼ料理を堪能!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。