オフショアジギングで極太ワラサ 今後はタチウオに期待【三重・強丸】

オフショアジギングで極太ワラサ 今後はタチウオに期待【三重・強丸】

9月19日、三重県鳥羽市の安楽島の強丸からジギング釣行。マダイにタチウオにホウボウ、さらには良型ワラサをゲットした釣行をレポートしよう。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・伊藤新治)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

強丸でジギング

9月19日、三重県鳥羽市の安楽島の強丸からジギング釣行に出かけた。

9月は鳥羽沖でもタチウオが釣れ始めるため、リーダーは16号と丈夫なセッティングで臨んだ。5時に現地到着。早速船長にジグサイズや釣行プランを確認。朝一は沖でサワラ、タチウオ狙い。その後、移動し青物狙いとのことだ。

オフショアジギングで極太ワラサ 今後はタチウオに期待【三重・強丸】タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 APC・伊藤新治)

満潮直前にホウボウ

早速サワラとタチウオのジグをセットし、午前5時半に出船した。沖に船を走らせ、最初のポイントに到着しスタート。サワラを意識し、小刻みにテンポよくワンピッチで探るが反応なし。同乗者でポツポツとタチウオが上がり始めるが、満潮のせいか食いが渋い。

少し狙いを変えてタイラバで状況を探ると、早速着底後3巻き目でひったくるようなアタリが出た。釣り上げてみると30cmオーバーのホウボウだ。潮止まりの間はタイラバを続け、マダイやタチウオを追加した。

良型ワラサ強襲

時半すぎ、潮が動き始めるタイミングで青物狙いのポイントに移動。移動の間にリーダーを12号に変更する。ポイントへ到着後、早速ジギングをスタート。狙いはワラサ、ハマチということで、ワンピッチの振り幅はサワラ狙いより少し大きめだ。3~4回シャクり上げた後、ロングフォールを組み合わせて、食わせの間を持たせることにした。

すると早速狙い通り、着底後ワンピッチ3回後のロングフォールでひったくるようなアタリ。しっかりアワセを入れるとロッドが大きくしなり、ぐいぐいと引き込まれる。こちらも負けずにリールを巻くが、ドラグが音を立てラインが出ていく。爽快なファイトを楽しみながら巻き上げてくると、丸々と太ったワラサが顔を見せてくれた。

オフショアジギングで極太ワラサ 今後はタチウオに期待【三重・強丸】丸々と太ったワラサが登場(提供:週刊つりニュース中部版 APC・伊藤新治)

次のページで最終釣果を発表!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。