【東京湾2020】オフショア青物ゲームの基本 タックル&釣り方を紹介

【東京湾2020】オフショア青物ゲームの基本 タックル&釣り方を紹介

東京湾での、船からルアーを使用した青物狙いの基本を解説。ジギング・キャスティングゲームのタックルや釣り方の基礎中の基礎を紹介したい。

東京都のリアルタイム天気&風波情報

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

キャスティングはただ巻きでOK

キャスティングでのアクションはただ巻きでOK。遅すぎると見切られ、速すぎると魚が追いつけない。最適なスピードを見つける。遠投するときは安全を考えてアンダーキャストが基本。

魚を掛けたあとは強引に巻く。遊ばせると、円を描くように回るので、オマツリの原因になる。歯が鋭い魚はフィッシュグリップでつかみ、ルアーを外すときは必ず長めのプライヤーを使おう。

東京湾の概況

海は未だに夏模様なのか、おとなしい東京湾の青物。ここのところ秋らしい涼しさで、魚たちにスイッチが入るのは近いのかもしれない。

本格的なシーズンインとなれば各エリアから、イナダ・ワラサ、サワラなどのターゲットを狙って出船するが、現在、受け付けているのは深川木場・吉野屋と横浜山下橋・渡辺釣船店。チャーターで東神奈川のD-marina(Dマリーナ)や原木中山の林遊船が対応してくれる。状況次第で金沢八景の太田屋、内房木更津の宮川丸が開始する。

<週刊つりニュース関東版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年10月2日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。