ライトゲームの『ワームカラー』選択法 優先すべきは姿勢&シルエット

ライトゲームの『ワームカラー』選択法 優先すべきは姿勢&シルエット

懇意にしている釣具屋の店員さんにワームのカラーについて相談。すると、「カラーよりも優先すべきことがありますよ」との返答が。その意図を詳しく聞いてみた。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

ワームカラーの重要度

そろそろ、私のメインフィールドである大阪南港でもタチウオが開幕する。そのシーズン直前、去年の釣りを振り返ると、ワインドはともかくリトリーブの釣りが伸び悩んだことを思い出す。

そこで、巻きの釣りに適したワームを物色するために釣具店を訪れた。私が目当てにしていたのは、とあるバスワーム。ライトブリームで鉄板のシリーズで、おそらくソルト流用しても、専用ワームに負けず劣らずのいい動きをすると考えたのだ。

カラーは関係ない?

そのワームをいくつか持っていき、店員氏に経緯を話し、「チャートがいいと思うんですけど、どうでしょうか」と相談した。

この店員氏、ベテラン釣り師で、私と同じくバスからライトゲームへと転向した経緯もあって話が合い、お店を訪れるたびにいろいろなことを教わる。タチウオにマストなチャートが一種類しかなかったので、内心「それしかないですよ」と背中を押してもらえるだろう、勇気づけてもらえるだろうと思っていたのだが、

「いや、カラーはあまり関係ないと思いますよ」

と、思わぬ回答が返ってきた。「どういうことですか?」とその意図を聞いたところ…。

ライトゲームの『ワームカラー』選択法 優先すべきは姿勢&シルエットこのカラー、どうですか?と相談する…(提供:WEBライター・井上海生)

大事なのは姿勢

氏曰く、タチウオでも何でも、リトリーブの釣りで重要なのは、とにかくスイミングの姿勢だそうだ。つまり、ジグヘッドの形状、それがもたらす海流・潮への絡み方、重さの選定などを考えることが最優先事項で、「カラーは最後の最後にくること」だと言う。

なるほど。私が去年通しで使っていたタチウオ用のジグヘッドは、一種類。メインフィールドの水深で通用するもっとも軽量なものであることからチョイスし、それ一辺倒で巻きの釣りをやっていた。つまり、それが「不正解」だったのかもしれない。

確かに、問題は「カラー」ではなかったのだ。

次のページでカラーの選択方法を解説

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。