陸っぱりマイクロゲーム 1gメタルジグで豆アジ【神奈川・走水港】

陸っぱりマイクロゲーム 1gメタルジグで豆アジ【神奈川・走水港】

秋の夜長は手軽に、超小型ジグを使った「陸っぱりマイクロゲーム」なんていかがでしょう?ということで、9月中旬に神奈川県横須賀市にある走水港周辺へ。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版・佐藤理)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

走水港周辺でマイクロゲーム

9月中旬、神奈川県横須賀市の「走水港」周辺でマイクロゲーム。

案内してくれたのは、マルチルアーアングラーのゆっちさん。初心者代表として、友人の新井圭亮さんが参加。ハード&ソフトルアーを使って五目釣りに挑戦。

まず、タックル。竿は全長1.8m前後で、ルアーウエイト表示が2~10g程度。持ち運びに便利なマルチピースロッド(4~5本継ぎ)が人気。リールは浅溝スプールのスピニングリールで2000番クラス。

この日、ゆっちさんは2021年にアブガルシアから100周年記念モデルとして発売予定の「ZENON2000S」を披露。クールなデザインで、プロトタイプはクラス最軽量の130g台という。

陸っぱりマイクロゲーム 1gメタルジグで豆アジ【神奈川・走水港】最新の軽量リールを使用した(提供:週刊つりニュース関東版 佐藤理)

ミチイトはPEライン0.6号にリーダー(サキイト)はフロロカーボンライン1.5lb。PEラインは伸びがないのでアタリが取りやすく、しかも細いので飛距離がでる一方、リーダー結束が必須で覚える必要はある。方法はいろいろあるが、トリプルサージェンスノットが簡単でオススメ。

さらに、ジグヘッドやジグを結ぶときにもノットが必要。クリンチノットやパロマーノットを覚えておくと便利だ。

1gのマイクロジグを使用

17時ごろ釣り場に到着。まだ、明るいのでアジやメバルには少し早いタイミング。そこで、時合いが来るまで小堤防でキャスト練習。

陸っぱりマイクロゲーム 1gメタルジグで豆アジ【神奈川・走水港】慣れない人はキャスト練習してから挑もう(提供:週刊つりニュース関東版 佐藤理)

「エリアフィッシングの経験はある」と話す新井さんは1gのマイクロジグスリムを付けて投入。すると、ルアー着水からのフォール時間が長かったのか、さっそく根掛かりの洗礼。

豆アジをキャッチ

やがて、周囲が薄暗くなってくると、足元に豆アジの姿が見えた。付け直したジグを竿下に垂らして、チョンチョンと竿を上下~止めるを繰り返すとヒット。南蛮漬けサイズだが、まずは1魚種目をクリア。

陸っぱりマイクロゲーム 1gメタルジグで豆アジ【神奈川・走水港】アジをキャッチ(提供:週刊つりニュース関東版 佐藤理)

この直前、ゆっちさんは小サバを釣って2魚種目。

日没後も豆アジのアタリ多数

完全に日が落ちて、常夜灯が点灯すると、ヘッドライトを装備して舟揚げ場にポイント移動。ゆっちさんは、メタルジグからジグヘッドのふわゆら1gに交換。ソフトルアーはハリ軸にまっすぐになるよう装着。曲がっていると、水中でクルクル回転してしまいアタッてこない。

着水後、すぐに巻き始めて表層引きで狙っていく。リールのハンドルは一秒に1回転くらい。竿先の位置は水平より、やや上向き。また、舟揚げ場のように、少しずつ浅くなってくる場所では、手前にくるにつれて竿を立てていき、ルアーを一定の水深に引いてくることがコツ。一方、足元まで深い釣り場のときは、逆に竿を寝かしていく。

移動後すぐ「おっ、アタッた。またアタッた」と、なにやらアタリッきりの様子。しかし、魚が小さいのかハリ掛かりしない。立ち位置は変えず、投入点をずらしながら狙っていくと、10cmほどのアジが食ってきた。

陸っぱりマイクロゲーム 1gメタルジグで豆アジ【神奈川・走水港】表層には豆アジが多かった(提供:週刊つりニュース関東版 佐藤理)

次のページでメバルも登場!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。