タチウオ向け『蓄光』カスタムのススメ 夜光ルアー購入前にお試しあれ

タチウオ向け『蓄光』カスタムのススメ 夜光ルアー購入前にお試しあれ

タチウオには、とにかく「グロー」が効くという。グローのルアーを買うのもいいが、蓄光テープを使って手持ちのルアーを「蓄光カスタム」してみるのも手だ。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

蓄光テープはどこで買う?

主役となる「蓄光テープ」は、ネットショップまたはホームセンターで購入できる。100均にも取り扱いがあるようだが、あまり安いものはおすすめできない。やはり粘着力と発光力を考えると、それなりの値段がするメーカー品を買うのがベターだ。

ちなみに価格は、大体500円~600円程度。専用プラグ1つの、半額以下の価格である。

タチウオ向け『蓄光』カスタムのススメ 夜光ルアー購入前にお試しあれ500円程度の蓄光テープ(提供:WEBライター・井上海生)

プラグの蓄光カスタム法

テープを手に入れてしまえば、後は貼り付けていくだけ。

テープは、あまり曲面がきついものには貼り付けにくいという難点はある。しかし、浮いてしまうのはテープの両端だけなので、その部分は接着剤で止めてしまうという手もある。

ただ、タチウオが反応する主なプラグは、ミノーかバイブレーションだ。よほど特殊な形をしていない限り、カンタンに貼り付けることができる。

タチウオ向け『蓄光』カスタムのススメ 夜光ルアー購入前にお試しあれミノーにゼブラカラーグロー(提供:WEBライター・井上海生)

ちなみに耐水性だが、筆者の経験上、1~2時間程度の釣行で外れたことはない。ただし、それなりに強粘のテープを使っている。不安ならば、接着剤をつけるか、強粘の両面テープをつけて、その上に蓄光テープを貼り付けるという方法もあるだろう。

高活性時に出番

この蓄光カスタムプラグは、タチウオルアーフィッシングにおいて、ファーストチョイスとなるべきものではない。やはりタチウオという魚は、メタルジグかワインドで釣るのが定石だ。しかし、何でも反応してくるような高活性時には、こういうカスタムプラグも効果的。筆者の経験上、蓄光テープを貼り付けていないプラグでも、シルエットがはっきりするカラーには食ってくることがよくある。

ファーストオプションではないが、このような変則的な釣りも面白いものだ。また、何をやっても釣れないときは「みんながメタルやワインドでやっているから、その動きにはスレているんだ…」と考えてみる。つまり、カスタムプラグの出番だ。スレたタチウオの目に、少し変化を与えるつもりで投げてみると良いだろう。

タチウオ向け『蓄光』カスタムのススメ 夜光ルアー購入前にお試しあれバイブレーションの腹部に貼り付けた(提供:WEBライター・井上海生)

次のページで「ジグヘッドへのテープ付け」を考察

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。