夜のライトゲーム満喫 底と表層釣り分けカサゴ&シーバス【四日市港】

夜のライトゲーム満喫 底と表層釣り分けカサゴ&シーバス【四日市港】

長雨、猛暑が去ったらと思ったら、今度は台風と天候に恵まれない今シーズン。久々の釣りはやはりライトソルト。9月5日、三重県四日市市の四日市港へ向かった。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

四日市港でライトゲーム

9月5日、釣友の誘いで三重県四日市市の四日市港でライトソルトゲーム。

午後8時に現地着。満潮の時間帯だ。先行していた釣友は、「渋い…」のひと言。近距離はひと通り探ってみたものの、ヒットがないようだ。ならば沖のブレイクで大物を狙ってみようと、潮通しの良い沖側でレベリングヘッド2.5gにガメシャッドでフルキャスト。ボトムバンプやズル引きで探ってみる。

しかしブレイク周辺ではバイトがない。近くで釣っていたアングラーからの情報では、最近は30cmクラスのキジハタが上がっているらしい。その話に一層気合が入るが、バイトすらない。

岸壁のボトムでカサゴ

時間がたつにつれて、手前でコツコツと小さなバイトが出始めた。潮が下がり始めたので、小型ロックフィッシュの活性が上がってきたようだ。もう大型は諦めよう。潔く岸壁ボトムゲームにチェンジだ。

しかし足元付近は雨の影響で、ゴミが多く浮遊している。試しにいつもの軽量ジグヘッドで試してみるが、巨大な流木に引っ掛かること数回。これは使えない。

再び2.5gに戻し、ワームはスパテラにチェンジ。ボトムまでフォールさせている途中、ラインが止まった。ヒット!小気味よい引きで楽しませてくれたのはカサゴだ。少し沈めた方がいいようだ。

夜のライトゲーム満喫 底と表層釣り分けカサゴ&シーバス【四日市港】スパテラのボトムバンプで(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

フォールでグッドサイズ

いったんボトムまでフリーフォールで沈めて、そこからスローに巻き上げてくると一気にひったくっていく。冬場よりも引きもグッド。時折グッドサイズも交じる。

夜のライトゲーム満喫 底と表層釣り分けカサゴ&シーバス【四日市港】フォールではグッドサイズ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

ファーストランだけは、大型メバルと勘違いするくらい鋭く引いてくれる。

しかし場所ムラが激しく、潮通しが良い外向きの面でないとバイトが激減する。似たようなポイントをランガンし、ヒット数を稼ぐ。すると時折リトリーブ中にコツコツと何かがアタッてくる。確認するとワームがズレている。どうやらセイゴがいるようだ。

常夜灯周りでセイゴ登場

潮が動き、遅れてセイゴの活性も上がってきたようだ。これは良い遊び相手。集中して狙うため、常夜灯周りに移動。

見渡すがボイルはない。しかしセイゴはいるはずだ。ライトで水面を照らしてみると、予想通り表層より一段下のレンジに時折浮いてくるセイゴの姿が確認できた。

ジグヘッドの重さを迷っていると、すでに釣友はセイゴをキャッチしている。釣り方を聞いてみると「表層速巻きだよ」とのこと。キャスト後、数秒沈めてからのファストリトリーブで連続キャッチしている。

夜のライトゲーム満喫 底と表層釣り分けカサゴ&シーバス【四日市港】セイゴはテクニカル!(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

次のページでは極小ジグヘッドでセイゴ!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。