『自作仕掛け』で釣りを楽しもう:陸っぱりカワハギ アレンジ方法も紹介

『自作仕掛け』で釣りを楽しもう:陸っぱりカワハギ アレンジ方法も紹介

船釣りの印象が強いカワハギですが、実は堤防からでも狙える魚。自作したオリジナル仕掛けで狙ってみると、釣れた時の喜びはさらに格別かもしれません。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・杉本隼一)

Shunichi_Sugimoto

静岡出身の釣り大好き人間。エサ釣り、ルアーフィッシング問わず様々な釣りを楽しんでいます。陸っぱりがメインですが、最近船釣りに目覚めました。レシピやお役立ち情報も発信していきますのでよろしくお願いします。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

堤防カワハギ釣りの魅力

秋は陸っぱりから狙える釣りターゲットが多く、何を釣りに行こうか悩んでしまうことも。そんな陸っぱりアングラーにおすすめしたいのが、堤防や波止から楽しめるカワハギ釣りです。

初心者でも狙える

カワハギと聞くと「船でのテクニカルな釣り」とイメージする方も多いと思います。しかし、実は堤防や波止から手軽に狙える人気ターゲットでもあり、子どもや初心者でも十分に楽しめます。

そして、カワハギは「エサ取り名人」とも呼ばれるほどエサを食べるのが上手なので、真剣勝負の相手としても魅力的。陸っぱりでも胴つき仕掛けが基本ですが、筆者の地元ではサーフから投げ釣りでカワハギを狙う「投げカワハギ」も人気です。

秋は「肝パン」が狙える

秋は船でのカワハギ釣りが盛り上がりますが、陸っぱりからでもカワハギが釣れやすい時期でもあります。冬に向けて肝が大きくなるので、シーズン後半には「肝パン」カワハギも狙うことができます。

『自作仕掛け』で釣りを楽しもう:陸っぱりカワハギ アレンジ方法も紹介嬉しい肝パンカワハギ(提供:WEBライター・杉本隼一)

自作仕掛けの魅力

堤防カワハギ仕掛けは完成品も多く販売されていますが、オリジナルの仕掛けを自作するのもオススメ。簡単に作れるので、空いた時間でたくさん作っておくこともできます。必要な小物類は釣具屋などで購入可能で、一度必要な物を揃えてしまえば、安価に仕掛けを量産できます。

そのほか、エダスの数や仕掛けの全長などを自由に設定できるので、市販の仕掛けには無いような装飾をつけることが可能です。数種類のオリジナル仕掛けを作ってみて、どれが一番釣れるか比べてみるのも面白いかもしれません。

次のページで仕掛けの自作方法を解説!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。