相模湾コマセカツオ釣り 食い渋るも本命3kg超手中【まごうの丸】

相模湾コマセカツオ釣り 食い渋るも本命3kg超手中【まごうの丸】

9月11日(金)、神奈川・相模湾茅ヶ崎のまごうの丸からカツオ・キハダ狙いで釣行した。キハダは振るわなかったが、カツオを数尾キャッチした釣行をレポート。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・間宮隆)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

まごうの丸でカツオ狙い

相模湾茅ヶ崎のまごうの丸は、カツオをメインに状況次第でキハダも狙う「ホンガツオ船(21号船)」と、キハダ主体に狙う「キハダマグロ船(18号船)」の2隻が出船している。

私たちは、カツオをメインに状況次第でキハダも狙う「ホンガツオ船(21号船)」に乗船。6時前、石黒由省船長の舵で出船。

相模湾コマセカツオ釣り 食い渋るも本命3kg超手中【まごうの丸】船宿周辺略図(作図:週刊つりニュース関東版 APC・間宮隆)

航程20分、江ノ島沖でスローダウン。大きなトリヤマがあり、水面ではカツオが跳ね、船団ができている。なかには、爆釣している船もあり、「これは期待できそうだ」と瀬口さんと顔を見合わせる。

カツオを3尾連発

船長から「5~10m」と指示ダナがアナウンスされ開始。瀬口さんは初挑戦で、タックルや仕掛けなどは、私の物を使ってもらった。やり取りに慣れていないことを想定し、仕掛けはバラシ防止を想定した自作。

船中第一号はミヨシのルアーマン、安田さん。「唇一枚で掛かりました。こういうときは、あまり活性がよくない。いいときは、もっと深く刺さるんですが」と苦笑い。

相模湾コマセカツオ釣り 食い渋るも本命3kg超手中【まごうの丸】安田さんはルアーでヒット(提供:週刊つりニュース関東版 APC・間宮隆)

ここで瀬口さんにヒット。これをタモに収めると連発で3尾目。「上がるたびに型がよくなる。3尾目は3kg以上ありそう。ミチイトが少し出た」と笑顔。

相模湾コマセカツオ釣り 食い渋るも本命3kg超手中【まごうの丸】連発していた瀬口さん(提供:週刊つりニュース関東版 APC・間宮隆)

私は連続でバラしてしまったが3回アタッて1尾ゲット。

爆釣と思いきや…

左舷胴の間の永塘さんは連釣。

相模湾コマセカツオ釣り 食い渋るも本命3kg超手中【まごうの丸】永塘さんは夫婦で釣行(提供:週刊つりニュース関東版 APC・間宮隆)

夫婦そろってカツオをキャッチ。

相模湾コマセカツオ釣り 食い渋るも本命3kg超手中【まごうの丸】良型をキャッチ(提供:週刊つりニュース関東版 APC・間宮隆)

右舷ミヨシ2番の佐藤さんは良型本命。

相模湾コマセカツオ釣り 食い渋るも本命3kg超手中【まごうの丸】佐藤さんはカツオに笑顔(提供:週刊つりニュース関東版 APC・間宮隆)

好調なスタートと連日の好調振りを受けて「きょうも爆釣か?」と思ったが、そう長くは続かず、その後は拾い釣り。安田さんの「活性はよくない」という言葉が脳裏をかすめる。

相模湾コマセカツオ釣り 食い渋るも本命3kg超手中【まごうの丸】船上の様子(提供:週刊つりニュース関東版 APC・間宮隆)

キハダは顔を見せず

9時半、1時間ほど走り大船団に合流。船団の2隻がキハダを掛けたようで期待できそうだ。「カツオは5~10m、キハダは30~40m」と指示ダナがアナウンスされると、私はキハダ仕掛けに交換。

相模湾コマセカツオ釣り 食い渋るも本命3kg超手中【まごうの丸】牧野さんにいいサイズ(提供:週刊つりニュース関東版 APC・間宮隆)

右舷の牧野さん、大沼さんがカツオを上げ、沖上がりの13時半まで、ここで粘って、カツオは数尾上がったがキハダは顔を見せなかった。

相模湾コマセカツオ釣り 食い渋るも本命3kg超手中【まごうの丸】大沼さんに良型(提供:週刊つりニュース関東版 APC・間宮隆)

仲乗りの話しでは「カツオの群れの移動が速すぎた。ナブラは随所にあるので条件がそろえば、まだまだいける」とのこと。瀬口さんは初挑戦ながら4尾で竿頭。「刺し身は絶品だった」と後日に連絡があった。

<週刊つりニュース関東版 APC・間宮 隆/TSURINEWS編>

▼この釣り船について:まごうの丸
相模湾コマセカツオ釣り 食い渋るも本命3kg超手中【まごうの丸】
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年9月25日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。