ジグヘッド+イカの足=『ゲソング』のススメ アジングのお供に最適?

ジグヘッド+イカの足=『ゲソング』のススメ アジングのお供に最適?

アジングのプライムタイムまでまだ少し時間がある。そんな時にオススメなのが『ゲソング』。様々な小魚による多彩なアタリを楽しむことができる。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

ゲソングのススメ

夕方~夜のプライム・タイムに備えて、先行者のいないまだ日の高いうちに一番のホットスポットに入る。すると、その時間まで結構ヒマだ。ワームを投げるとフグやベラがかじってくる。それならば、と閃いた。

極小ジグヘッド+エサ持ちのいいイカの足=「ゲソング」をすればいいのだ。

極小ジグヘッドを使用

豆々アジ用に、#16ほどの極小のジグヘッドとワームは常に携行している。極小ジグヘッドを使用して、ドラグをずるずるに滑らせてフッキングなどさせようとせず、魚にハリを呑ませてしまうイメージで釣ると、キャッチ率が高くなる。

ジグヘッド+イカの足=『ゲソング』のススメ アジングのお供に最適?極小ヘッドとワームをまとめたケース(提供:WEBライター・井上海生)

私の主なアジングのポイントは泉南のテトラ帯。シャローで藻も茂っており、とにかく小魚の姿が多い。先述の極小ヘッドを投げると、釣れるには釣れるのだが、ワームがかじられてもったいない。しかも、一丁前なことに「奴ら」もワームにスレる。

そこでイカの足を使ってみることに。以前、ゲソを使って意地になってアジを仕留めたことがあり、その経験からひねったわけだ。というか、最初にこちらを思いつくべきだったかもしれない。

代表となる小魚ターゲット

フグ、ベラ、カサゴ、スズメダイ、コッパグレ、ウミタナゴなどが、この「ゲソング」に食ってくる。普段は「雑魚」と無視しているような魚だ。しかし、日中の暇つぶしにはちょうどいい。カサゴなどの美味しい魚もターゲットだ。

それにしても驚くのは、奴らの引きの強さ。基本的にあまりキャストせず、テトラや岩磯の周りを狙うイメージ。しかし、油断しているとラインブレイクをするんじゃないかと思うくらいに引く。特にベラ、コッパグレの引きは強い。

ジグヘッド+イカの足=『ゲソング』のススメ アジングのお供に最適?ベラなどが対象魚(提供:WEBライター・井上海生)

ベラ、カサゴは、食べてもおいしい魚だ。ただの雑魚釣りと侮るなかれ。これはこれで、あるいは一日中やって、そこそこキープ分をキャッチできたときには、なかなかの充実感があるかもしれない。

ジグヘッド+イカの足=『ゲソング』のススメ アジングのお供に最適?カワハギが釣れたことも(提供:WEBライター・井上海生)

次のページでジグヘッドにつける「ゲソのサイズ」を解説

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。