【中部2020秋】入門好機のイカメタル徹底解説 基本タックル&釣り方

【中部2020秋】入門好機のイカメタル徹底解説 基本タックル&釣り方

船からマイカ(ケンサキイカ)をイカメタルで狙う釣り方を紹介。初心者に向けてタックルや釣法を詳しく解説していこう。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・土屋英孝)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

イカメタルとは

夏の夜釣りでさまざまな明るい照明のついた船上から、海面を煌々と照らしてベイトを寄せ、それを狙ってイカたちも寄ってくる。それをイカメタル(鉛スッテ)という用語も一般的になった釣り方で狙うのだ。これは鉛スッテとエギや浮きスッテを付けた仕掛けで誘い、掛けていくのだ。

【中部2020秋】入門好機のイカメタル徹底解説 基本タックル&釣り方日本海のマイカは晩秋まで狙える(提供:週刊つりニュース中部版 APC・土屋英孝)

初心者にも簡単

ほとんどの遊漁船では2段仕掛けが多いので、まずはこの仕掛けで攻略したい。カウンター付きのベイトリールと、操作性に優れて穂先部分が繊細で、視認性の良いカラーが塗られた軽量ロッドさえあれば、老若男女、誰でもできる。

【中部2020秋】入門好機のイカメタル徹底解説 基本タックル&釣り方スッテは釣り場に応じて用意(提供:週刊つりニュース中部版 APC・土屋英孝)

定番のカラー

そして、よく言われるスッテのアタリカラーは昔から定番の赤緑、赤白、ピンク、イエロー、グロー、ゼブラなどが代表的なカラーだ。お手軽といえばお手軽だが、大変奥の深い釣りだと感じている。

イカメタルのタックル

イカメタルには、タナの把握が正確なカウンター付きベイトリールと剛、軟2種類のロッドを持ち込むことをお勧めする。

【中部2020秋】入門好機のイカメタル徹底解説 基本タックル&釣り方タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 APC・土屋英孝)

波が大きめで揺れが大きそうであれば、少し軟らかめのロッドを選びたい。そして、水深が浅く40~50mであれば、底から誘うことが多くなるのでフォールスピードの速いスピニングタックルも1セットあるといい。ロッド選びは、使用するイカメタルの号数とのバランスを考えたい。

【中部2020秋】入門好機のイカメタル徹底解説 基本タックル&釣り方タックルを使い分けよう(提供:週刊つりニュース中部版 APC・土屋英孝)

船宿を予約しよう

とにかくライフジャケットはイの一番に用意したい。服装では夏の夜釣りなので半袖、短パンでも良く、足元だけは船上で滑らないものを用意したい。そして、沖からの帰りは少し冷えるときもあるので、薄い上着もあるといいだろう。

その他には熱中症対策で水分をクーラーボックスに余るぐらいに用意したい。船に弱い人なら、周りの人に迷惑をかけないためにも、乗船前に酔い止めを飲むことも忘れずに。

私の行く釣り場は福井県がほとんどだが、日本海だけではなく、太平洋側でも釣り場があるので釣り船予約サイト『釣楽』などで探してみてほしい。エリアによって狙う水深もさまざまなので、イカメタルの号数などは予約時に船宿に問い合わせるといいだろう。

次のページは釣り方&数釣りのコツを紹介!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。