ライトゲームで『初秋の風物詩』カマス連発 アジは空振り【垂水漁港】

ライトゲームで『初秋の風物詩』カマス連発 アジは空振り【垂水漁港】

アジングをするため兵庫県・垂水漁港に出かけた。本命はバラシで不発だったが、「初秋の海の風物詩」であるカマスが連発した。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

垂水漁港でライトゲーム

日時:9月9日 17時頃~20時まで
天候:曇り
潮回り:小潮 21時頃満潮

垂水漁港には先日も訪れた。そのときはライトロックが目的で、数が多く釣れたので満足していた。「今度こそはアジを」と思って、やや早い時間から入り、船のシェードなどを打ったが、フグにワームをかじられてしまうだけ。日中は気配がない。潮も引いていたので、仕方ないか。

マヅメにカマス登場

マヅメを待っていると、突然、水面がバタバタと騒ぎだした。ライズ、ナブラ、どちらともいえそうな、ともかく何かの変化だ。慌ててワームをマイクロメタルに付けかえてキャストすると、釣れたのは見慣れない形…カマスだ。

ライトゲームで『初秋の風物詩』カマス連発 アジは空振り【垂水漁港】跳ね回るカマス(提供:WEBライター・井上海生)

その後もカマスが連発。そこまで数はいらないので途中からはリリースしたが、ものすごい数のカマスだった。いや、もしかするとあれはカマスを追って、後ろに何か入ってきたのかもしれない。というのも、あまりカマスがライズすることはないように思う。少なくとも筆者は初めて見た。

ライトゲームで『初秋の風物詩』カマス連発 アジは空振り【垂水漁港】暴れるカマス(提供:WEBライター・井上海生)

青物に追われていた?

あるいは、下に青物が入っていたとすると、少し悔やまれる。しかし、そういうときはどうやって釣ったらいいのだろう。1gアンダーのマイクロメタルのシルエットにも反応するのだろうか?

あるいは、2g程度のジグヘッドに3inchの小魚イミテートのワームをつけて少しレンジを入れて速巻きすれば、その正体を見ることができたかもしれない。私はライトゲームロッドで青物を釣ったことがまだない。こういったシチュエーションも頭に入れておかなければならないと勉強した。

アジングの様子はいかに

その後、定番の常夜灯下を打つ。しかし、なかなか…。ときどきアタるが、バイトが浅い。密度が薄い上に活性が低い。数匹乗せたが、手前でバラシ。なんだかこうなってくるとあまり悔しくもない。それくらいこの夏から、アジには袖にされている。時期外れのメバルは顔を出してくれた。

ライトゲームで『初秋の風物詩』カマス連発 アジは空振り【垂水漁港】
時期外れのメバル(提供:WEBライター・井上海生)

今年のアジ、大阪湾界隈はまだまだ渋いようだ。今年は漁業でも、40年ぶりのアジ不漁といわれているらしい。もしかすると、ショアにも影響ありか…?

秋本番になったら、いつものように釣れてくれる気がするのだが…。楽観しすぎかもしれないが。

次のページで釣れたカマスを「塩焼き」でいただく!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。