河口域シーバスゲームで60cm級手中 ボイルをジグで狙い撃ち【大分】

河口域シーバスゲームで60cm級手中 ボイルをジグで狙い撃ち【大分】

8月31日、中潮。大分県佐伯市・番匠川河口へメッキとシーバスを狙いに行った。60cm級の良型シーバスをゲットできた釣行をレポートしよう。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・岡田賢一)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

番匠川河口でメッキ&シーバス狙い

8月31日、大分県佐伯市の番匠川河口でメッキ&シーバスを狙った。

メッキのみを狙いたいのだが、今年はシーズンインが遅れていると聞いているので、小型のシーバスも狙う。自宅を午前3時30分に出発し、現地には5時20分到着。ベイトが至るところで跳ねているのを確認でき、つい期待してしまう。

5時30分に釣り開始。当日は満潮が5時30分ごろ、干潮が正午ごろなので満潮から干潮にかけて狙うかたちとなった。実績あるメタルジグのゼブラグロー・10gから使用する。メッキ釣りにおいて私は好みで船ザオを使っているが、サオはエギングロッドやアジングロッドを使用している人が圧倒的に多い。参考にしてほしい。

河口域シーバスゲームで60cm級手中 ボイルをジグで狙い撃ち【大分】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・岡田賢一)

40cm級のフッコ手中

何回か投げたものの、ヒットどころかメッキの姿さえも見えなかった。いろいろな方向を試すが状況は変わらない。嫌な流れの中、岸から30mほど先で発生したボイルを発見。ドキドキしながらボイルより先に投げ、巻いていくとガツーンと気持ち良くヒットした。その直後にジャンプする姿が見えた。シーバスだ!

何回かエラ洗いをしたのでバラさないかドキドキしたが、なんとか取り込んだのは40cm級のフッコだった。まだまだ大きくなる魚なので、すぐにリリースした。

河口域シーバスゲームで60cm級手中 ボイルをジグで狙い撃ち【大分】ポイント図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・岡田賢一)

その後、同サイズを思われるフッコが2連続でヒットしたがバラしてしまい、ボイルもなくなってしまった。明るくなったので、カラーチェンジしたりミノーなどに変えてみたものの、釣れたのは20cm級のセイゴだけであった。

また、メッキらしき魚がルアーを追ってくる姿は確認できたものの、ヒットには持ち込めなかった。日が上がってきて暑くなりだしたので、そろそろ帰ろうと考えていたら気温以上にアツいボイルが少し遠くの場所で発生した。

痛恨の2連続バラシ

ルアーをメタルジグのケイムラカタクチ・10gに変え、ポイントまで急いで移動。素早く場所を移動できるのもルアー釣りの良いところだ。場所は違うものの、ボイルは岸から30m沖で発生していた。ボイルより先に投げて巻いていくと、すぐにガツーンとヒットした。当日最大の引きだ!

ドラグ音を楽しみながら慎重に寄せていったが、エラ洗い直後に外れてしまった。久々の70cm級だっただけに残念……。ボイルも再びなくなり、いつもであれば釣れなくなる展開だが、この日はひと味違った。

念のためヒットしたポイントに投げるとガツーンの大アタリ。これも推定70cm級だが、これまでのパターンとまったく同じでエラ洗い直後に外れてしまった。心も折れかけ、さすがにもう釣れないだろうと思ったが、同じポイントに投げるとガツーンのアタリ。

60cm級シーバスゲット

先ほどファイトしたシーバスより引きは弱かったものの、エラ洗いをせずに底へ底へと走る引きで、ドラグも勢いよくジジジーッと出ていく。今回はバラさずに取り込めた。良かった~!60cm級のシーバスだった。

その後、30分ほど粘ったがアタリがまったくなくなり、8時に納竿とした。釣果は20~60cmが3尾だった。残念ながらメッキやヒラフッコは釣れなかったが、あきらめずに粘った作戦がうまくいき、とても楽しい釣行だった。

<週刊つりニュース西部版 APC・岡田賢一/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
番匠川
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年9月18日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。