ライトブリームゲームのキホン:釣行後のタックル&リグのメンテナンス

ライトブリームゲームのキホン:釣行後のタックル&リグのメンテナンス

ライトタックルでチヌやキビレを狙う「ライトブリームゲーム」。釣れた余韻に浸りながら、次の釣行に備えてやっておきたい「釣り具の点検・振り返り」を解説しよう。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

帰宅後すぐに水洗い

海の釣り人が釣行から帰ってすぐにやるべきこと。それは道具の「水洗い」だろう。

海水に含まれる塩分はあなどれない。少し油断すると、すぐにロッドのガイドなどは錆びてしまうので、お風呂のシャワーでササッと水洗いしてやろう。リールも同様。特に海水に直浸りするPEラインは、かなり影響を受ける。蛇口から水をかけながら、指でスプールに巻いたラインをこすって、念入りに潮抜きしてあげよう。

また、無視してしまいがちだが、ジグヘッドを水洗いすることも大事だと思う。特にライトブリームでは、ブラックバス用のジグヘッドを流用することが多い。フレッシュウォーター用のヘッドがどこまで海水対応しているか分からないので、水洗いしておいて損にはならない。

タモは中性洗剤で

湾奥居付きのチヌは、独特のニオイがある魚だ。タモですくい上げると、網目にじっとりと汚れやニオイが粘りつく。これがなかなか取れないので、お風呂場で水洗いする際には、台所用の中性洗剤を使うのがオススメだ。手で泡立たせて洗い、天日干しすると良いだろう。

ライトブリームゲームのキホン:釣行後のタックル&リグのメンテナンス台所用の中性洗剤がオススメ(提供:WEBライター・井上海生)

ちなみに私は、釣行後、タモを車に乗せて、家に引き上げる前に、車内で、必ず網が触れていた部分に消臭剤をかけている。釣り人は、車に魚のニオイを取るための消臭剤を置いておくこと、これはマストだと思っている。

ハリの点検

ジグヘッドを洗ったら、ついでに、ハリ先がなまっていないか点検しておこう。ある程度、線径の太いバス用のジグヘッドを使っていても、チヌの歯に触れていたり、5尾くらい釣っると、ハリ先はなまってしまっている。気付かずに次の釣行で使うと、アタりがあってもフッキングしにくいので、思いきって避けてしまおう。

または、フックシャープナーで削るという手もある。削り方に関しては、フックシャープナーの面に、ハリ先の方からアイの方に向かって、必ず一方向に研ぐ。これでハリ先が復活する。逆方向に研ぐと、ハリ先にバリができてしまい、使用できなくなるので注意しよう。

ライトブリームゲームのキホン:釣行後のタックル&リグのメンテナンスシャープナーでハリ先を研ぐ(提供:WEBライター・井上海生)

ワームの点検と補修

チヌは獰猛なバイトをする魚だ。特に歯でかぶりついてきた場合、ワームがぐずぐずに壊されていたり、引きちぎられていたりする。もし可能であれば、ワーム1本でも80円くらいの単価はあるので、節約精神を発揮し、少し接着剤で補修しよう。これで次も使用できる。

ライトブリームゲームのキホン:釣行後のタックル&リグのメンテナンス瞬間接着剤でワームの補修(提供:WEBライター・井上海生)

ジグヘッドを何度も刺したためにワームを刺し壊してしまった場合も、先端部、ハリを出した部分に少量の接着剤をつければ、補修できる。根が節約家の私は、釣行後ではなくても、暇を見てはやっている。

次のページで「釣行の振り返り」を解説

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。