今さら聞けないアジングのキホン:釣行タイミング&ポイントの決め方

今さら聞けないアジングのキホン:釣行タイミング&ポイントの決め方

アジングに行く前には、天候のチェックなど、釣り場の状況を予想しておく必要がある。潮まわり、ホットタイムの予想、ポイントも確認しておこう。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

アジングにおける天候の重要性

何よりもアジングがやりやすい天候は、晴れだ。基本的に夜にやる釣りなので、太陽が照っていない状況で、きれいに月が見えているか、あるいは新月で真っ暗だけど、雨は降っていないという状況が望ましい。

もっとも、小雨程度なら、アジングにはむしろいいのだ。というのも、雨が降ると海中にプランクトンが発生し、アジの活性が上がる。多少の雨はむしろ好条件ととらえて、釣りに出かけるのもアリだろう。筆者の経験上、小雨の日は特にリバー(河口域)に差し込んでいるアジの活性が上がるような気がする。

今さら聞けないアジングのキホン:釣行タイミング&ポイントの決め方小雨の日にリバーで獲った豆アジ(提供:WEBライター・井上海生)

潮回りは「中潮」か「小潮」

アジングが成立しやすい潮は、ずばり中潮か小潮だろう。

中潮は、ひなびた漁港でやる場合に最適な潮だ。それなりに潮位が上がり、波止までずーっとプランクトンが潮流に乗って押し流されてくるので、アジがヒットする時間が長い。

潮通しのいい外海に面した波止などでアジングする場合、小潮をおすすめする。大潮や中潮だと潮の流れが速すぎて、場所によっては釣りにならない。その点、小潮はゆっくりと長い時間潮が動いてくれるので、アジが一定の範囲に定位してくれる。狙いが絞りやすい潮だ。

潮が動く時間は、ネットなどの潮位表を確認しておこう。最高なのは、夕方から夜、または朝に上げ潮が絡む日だ。アジは潮に乗って接岸してきて、この時間には活性が上がって盛んにベイトを捕食する。ワームを投げればぽんぽんと反応があるのも、上げ潮絡みだ。

オススメの時間帯

アジが接岸してきて動き出すのは、夕マヅメから夜にかけてだ。朝マヅメにも活性が高くなるが、すっかり日が上がってしまうと反応しなくなるので、夜な夜なゆっくりとアジングしたい場合は、夕方にマイポイントに入るのがベストだろう。

今さら聞けないアジングのキホン:釣行タイミング&ポイントの決め方プライム・タイムは夕マヅメ(提供:WEBライター・井上海生)

ちなみに夕マヅメは、アジはどちらかといえば、速めの動きに食う。釣法としては「レンジキープ」がどこでも通用するが、時合いには、リトリーブやリフト&フォールを試してみよう。夜にはワームを漂わせるような釣り、「レンジキープ」に切りかえるといいだろう。

アジは潮に絡んで動く魚だ。回遊魚なので、潮がまったく効かなくなる状況では食いが落ちる。一部居付きのアジが残る可能性があるが、ついている場所を探すのは大変だ。そこでアジングは、「夕方に始めて潮が効いている時間までの夜にしめる」というイメージでいこう。翌日の予定も考え、潮の動く時間をあらかじめ見ておくと、後に疲れを残さずに釣れる。

次のページはポイント選びの考え方を紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。