ライトブリームゲーム攻略法:ブラックバス用ワームがオススメのワケ

ライトブリームゲーム攻略法:ブラックバス用ワームがオススメのワケ

ライトブリームゲームに欠かせないワームだが、筆者はブラックバス用のものを積極的に使用している。今回は、カラーや形状などを紹介したい。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

チヌ釣りにバス用ワーム?

チヌ・フィネス。細糸でプレーするライトブリームゲームでは、プラグではなく、主にワームを用いる。チニングとはまた趣向の違うライトブリームにおいては、専用ワームは二の手と考えよう。

主に使用するワームは、ブラックバス用の2inchだ。この大きさは絶妙で、大きくもなく小さくもなく、ほどよいアピールで、違和感なく魚の口に入りやすい。私がマストとして持っていくカラーは、グリーンパンプキンだ。これはブラックバス用のワームのシリーズなら、必ず展開されているといっていいほどの定番カラー。

3系統のカラーを準備

湾奥の濁った色の海中で、ベイトフィッシュを追うチヌと、ため池の水色(すいしょく)の中で小魚を追うバスの視覚は、どこか似ているのかもしれない。このカラーがよく効く。それから、活性が高い時に合わせて、アピールカラー(ラメ入りなど)もよく使用する。活性が低い時に合わせて、クリア系のナチュラルカラーも準備しておけば、抜かりなし。

ライトブリームゲーム攻略法:ブラックバス用ワームがオススメのワケバスワーム2inchを多数用意(提供:WEBライター・井上海生)

基本的にリトリーブ、または変則(漂わせ)リトリーブの釣りなので、形状としてはシャッドテールがおすすめだ。

マッチザベイトが重要

ルアーフィッシングの世界で忘れてはいけない言葉がある。「マッチ・ザ・ベイト」だ。筆者のように、湾奥の波止の際を打つ場合、チヌのメインベイトは、基本的に小さな魚になる。

そこで用意すべきは、小魚をイミテートしたワームだ。前述の2inchワームは、まさしくコレのことである。では、ゴロタ浜でライトブリームを展開する時はどうだろう?ゴロタではカニ、フナムシなどがチヌのメインベイト。そこで用意すべきは、クロー系となる。

ライトブリームゲーム攻略法:ブラックバス用ワームがオススメのワケゴロタではグロー系が効果あり(提供:WEBライター・井上海生)

ワームのサイズに関しては、あまり大きすぎない方がいい。基本的にライトブリームは「食わせ」の釣りなので、積極的に誘いをかけるイメージではない。サイレントにアピールするような小さめのワームが合う。

「漂わせる」イメージ

リトリーブはライトブリームの基本的な誘い方となる。要するにただ巻きだ。しかし、ただ巻きでも速度には注意。なるべくゆっくりゆっくり、チヌの目にシルエットがジーッと入るように通す。

チヌは大きな魚なので、繊細なタックルだと微妙に手元の感覚がかわって、魚が後ろについたことが分かる。やはりスローリトリーブだ。また、リールを使ったリトリーブだけがライトブリームではない。ワームを任意のレンジに投入して、竿先で微妙に引くように操作して、フワーッと漂わせる、「レンジキープ釣法」も有効な手。いわば、「ワームふかせ」のようなものだ。

次のページはで「細ラインの注意点」を紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。