ボートフライ釣行でトラウト5種目を達成 腹パンのイクラも【芦ノ湖】

ボートフライ釣行でトラウト5種目を達成 腹パンのイクラも【芦ノ湖】

8月30日(日)、神奈川県「芦ノ湖」でボートトラウト釣り。多彩魚種が顔を見せ、5種類のトラウトをゲットした釣行をレポート。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・藤崎信也)

TSURINEWS編集部

ルアー&フライ トラウト

芦ノ湖でトラウト狙い

8月30日(日)、神奈川県「芦ノ湖」でボートトラウトフィッシング。

観光地としての箱根は、徐々に活気を取り戻している状況ではあるが、まだ道半ば。新型コロナの影響で、土産店も観光船もよく見られた外国人の姿は皆無。釣り人も例年に比べれば少ない状況だ。

ボートフライ釣行でトラウト5種目を達成 腹パンのイクラも【芦ノ湖】芦ノ湖略図(作図:週刊つりニュース関東版 APC・藤崎信也)

トラウトの近況

8月は堅調に釣れていた。ニジマスとブラウントラウトは深場が好調。イワナはジギングを中心に底層で釣れている。3~4月に好調だったサクラマスは梅雨明け以降、芳しくない。8月に入り婚姻色が出始め、口を使わなくなっており厳しい。

ヒメマスも同様に婚姻色が出始めてはいるが、来年成熟する25~30cmの個体が釣れており、半々の釣果。稚魚放流され、60cm超えに成長するコーホーサーモンは、30cm前後の個体は釣れているものの、昨年は釣れた50cm級は上がっていない。

当日狙うポイント

当日は、やや遅い6時に到着。釣り支度後、受け付けを済ませて6時半に桟橋を離れる。2時間ほど桟橋前でワカサギと遊んで、9時半すぎにトラウト狙いへ。東岸を、防ヶ沢、九頭龍、樹木園、箱根園と探っていく。

遠浅の砂地あり、急深の岩場ありと変化に富む。前者ならワカサギに着いているニジマスやサクラマスを狙うし、後者のカケアガリなら居着きのブラウンやイワナ。

トローリングでヒメマス

タックルはムーチングの置き竿1本、フライジギングの持ち竿1本。ポイント移動中は、トローリングでフライを引く。

ボートフライ釣行でトラウト5種目を達成 腹パンのイクラも【芦ノ湖】タックル図(作図:週刊つりニュース関東版 APC・藤崎信也)

小型のコーホー、中型ニジマス、48cmのブラウントラウトなどポツポツ釣れる。トローリングでは、婚姻色が出始めた34cmのヒメマスも顔を出す。しかし、ポツポツの釣況は変わらない。

ボートフライ釣行でトラウト5種目を達成 腹パンのイクラも【芦ノ湖】婚姻色が出始めたヒメマス(提供:週刊つりニュース関東版 APC・藤崎信也)

54.5cmブラウン浮上

昼食を取ったあと、湖を横断して西岸を探る。13時半すぎ、着底したフライをシャクり上げた瞬間、ズンッと重量感ある反応。アタリはあるものの強い引きはなく、重量感だけが手元に伝わってくる。浮いてきたのは54.5cmの真っ黄色の奇麗なブラウン。下アゴのしゃくれた厳つい顔のオスだ。

写真撮影しようとタモに活けておくと、2~3分ですでに呼吸をしていない。それもそのはず、水深28mの底層の水温は10度以下。対して、日中の表層は28.3度。トラウトには厳しい環境なので、持ち帰らないのなら、即エア抜き&即リリースを。

イクラぎっしりのサクラマス

東岸も西岸も釣況は変わらず、ポツポツといった状況。それでも、いろいろな魚種が顔を見せてくれるので楽しい。

ボートフライ釣行でトラウト5種目を達成 腹パンのイクラも【芦ノ湖】婚姻色の出始めたサクラマス(提供:週刊つりニュース関東版 APC・藤崎信也)

立岩から小杉の鼻をトローリング中、ティンセル&フラッシャーのオリジナルフライに食ってきたのは45.5cmのサクラマス。鉛色の個体で、ブナ模様が出始めている。50cm未満だが、釣れていなかった魚種なのでこれはキープ。釣り人にとって「食」も大事である。帰港後、お腹を割くと小粒のイクラがぎっしり詰まっていた。

次のページで最終釣果を発表!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。