『フジツボ型ルアー』で岸壁クロダイゲーム 47cm頭に3匹手中【清水港】

『フジツボ型ルアー』で岸壁クロダイゲーム 47cm頭に3匹手中【清水港】

8月28日、ホーム釣り場の清水港で「フジツボ型ルアー」を使った『岸壁クロダイゲーム』に出かけました。47cm頭に3匹のクロダイをキャッチした釣行をレポートします。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・杉本隼一)

Shunichi_Sugimoto
Shunichi_Sugimoto

静岡出身の釣り大好き人間。エサ釣り、ルアーフィッシング問わず様々な釣りを楽しんでいます。陸っぱりがメインですが、最近船釣りに目覚めました。レシピやお役立ち情報も発信していきますのでよろしくお願いします。

×閉じる

ソルトルアー ショア

清水港で岸壁クロダイゲーム

8月28日(金)、ホーム釣り場の清水港で筆者のマイブーム「岸壁クロダイゲーム」を楽しみました。当日は午前中からお昼頃にかけて雨が降り、濁りが入ったことでクロダイの活性が高いと予想。

さらに、夕方は満潮時刻も重なるためクロダイが浅いタナまで浮きやすく、2つの好条件が重なる絶好のチャンスです。釣行時にはすっかり雨は止み、強い日差しが照りつけます。

『フジツボ型ルアー』で岸壁クロダイゲーム 47cm頭に3匹手中【清水港】清水港の様子(提供:WEBライター・杉本隼一)

フジツボ型ルアーで挑戦

「岸壁クロダイゲーム」はルアータックルを使用したヘチ釣りで、岸黒ゲームとも呼ばれています。基本はワームを使用しますが、フジツボやカラス貝を模したルアーや消しゴムにも食ってくることもあります。練り消しゴムなど意外なものを針に付けてみるとさらに面白いです。

今回は「フジツボ型ルアー」で岸壁クロダイゲームに挑戦します。

『フジツボ型ルアー』で岸壁クロダイゲーム 47cm頭に3匹手中【清水港】その名も「フジツボっち」(提供:WEBライター・杉本隼一)

当日のタックル

今回使用したタックルは以下の通り。

『フジツボ型ルアー』で岸壁クロダイゲーム 47cm頭に3匹手中【清水港】タックル図(作図:WEBライター・杉本隼一)

ロッド:ブルーカレント 85TZ/NANO
リール:セルテートLT 2500-H
メインライン:PEライン0.6号
ショックリーダー:フロロカーボンライン2号
針:カン付 伊勢尼9号
ルアー:フジツボっち(フジツボ型ルアー)

次のページで実釣スタート!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。