ハゼ釣り総合解説 攻略法と併せて都市近郊オススメ釣り場も紹介

ハゼ釣り総合解説 攻略法と併せて都市近郊オススメ釣り場も紹介

手軽に楽しめ、釣りのターゲットとしては非常に身近な存在のハゼ。今回の記事ではそんなハゼの生態をヒントに時期・時間・場所など、どんな条件が釣れやすいか分析をしました。また、仕掛けごとの釣り方や釣果アップのコツ、都市近郊のオススメ釣り場紹介まで、初心者から中級者まで役に立つハゼ釣りの総合的な情報記事となっています。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

ハゼ釣りのタックル概要

ハゼ釣りのタックルは、主にリール竿を使ったちょい投げ(ブッコミ)、ノベ竿を使ったウキ釣り、ミャク釣りがメインですが、最近では専用のクランクベイトを使ったハゼクラというルアーフィッシングも人気を集めています。ここでは4種の仕掛けの詳細と釣り方を解説します。

ハゼ釣り総合解説 攻略法と併せて都市近郊オススメ釣り場も紹介仕掛け図(作図:週刊つりニュース中部版 編集部)

ウキ&ミャク釣りのタックル

使用するノベ竿は3.6~4.5m。ヘラ竿や渓流竿、量販店で安く売っている万能竿も使えます。これにミチイト1号を結びます。

ウキ釣り仕掛け

ウキは棒ウキ、玉ウキ、シモリウキなど何でもOKです。ミチイトの先にサルカンを結び、その先にハリス0.6~0.8号30cmほどを結びます。オモリはサルカンの上に、ウキに合わせたカミツブシオモリを付けましょう。ハリは流線やハゼ針の6号程度が基準。デキハゼ狙いなら袖針2~4号といった小さい針を使いましょう。

ウキ釣りでの釣り方

ウキ下の調整がキモになります。ハゼの習性上エサが底をはうように調整しましょう。周りが釣れているのに自分だけアタリがない場合は、ウキ下が浅すぎてエサが底から離れてしまっている事が多いので注意しましょう。ただし、オモリが底に着いてしまうと、ウキにアタリが出にくくなるので要注意。ウキにちょんちょんとアタリがあったら、ウキが十分に沈み込むのを待ってアワせましょう。

ハゼのミャク釣りのタックル

タックルはウキ釣りと同じくのべ竿がオススメです。リール付きのものならアジングロッドのような繊細なアタリの取れる穂先の竿がいいでしょう。

ミャク釣り仕掛け

基本はウキ釣りの仕掛けからウキを取り外すだけでOKです。ウキがないため、オモリの重さは底を取りやすい重さを選ぶようにしましょう。小型の片テンビンに付け替えるやり方もあります。ハリスは30cmのままでもいいですが、10cm程度に短くすると操作性もよくアタリも分かりやすくなります。

ミャク釣りでの釣り方

魚がいそうなポイントに投入し、道糸を張りつつ常にオモリが底に着いている感覚を感じながら、竿先、もしくは手元に伝わるアタリを取ります。アタリがあるまでは投入地点で待っていてもいいですが、底をズル引きしながら誘ってくるのも手です。アタリがあったら即アワセが基本となります。

ハゼのちょい投げ釣りのタックル

ちょい投げ釣りでは、1.8m前後(6ft前後)のバスロッドや2.4m(8ft前後)のエギングロッドなどが使いやすいです。リールは小型のスピニング。ミチイトはPEラインの0.8~1号ぐらいを巻いておけばいいでしょう。リーダーは付けても付けなくてもどちらでもいいです。

初期の浅場を狙う場合はオモリも軽くていいので、もっとライトなタックルで狙うのも面白いです。

ちょい投げ釣りの仕掛け

片テンビンにハリスを結んだ仕掛けが基本です。仕掛けは市販品が売られているのでそれを買うのもいいでしょう。仕掛けを底にはわせる釣りなので、ハリスの太さは食いに直結せずあまり気にしなくていいです。オモリは狙う水深や距離、流れの速さにもよりますが、出来るだけ軽くしたほうが感度もよくなって釣りやすくなります。

ちょい投げでの釣り方

沖のカケアガリや障害物が見えていれば、その周辺に投入します。あとはゆっくりリールを巻くか、竿を手前に引く動作で少しずつサビいて来ましょう。アタリは手元にブルブルッと伝わるので、ひと呼吸おいて巻き上げます。アタリが遠のけば、投点を少しずつズラしていきましょう。

ハゼのルアー釣りのタックル

専用ロッドも発売されていますが、アジング、メバリングなどのライトソルト用ロッドやエリアトラウトロッド、ウルトラライトクラスのバスロッドなどでも代用できます。リールは小型のスピニングリールに、ラインはフロロカーボンラインの3~4lbかPEライン0.3~0.6号+リーダーにフロロカーボンライン1.7号前後を30cmくらい直結します。

ハゼ釣り総合解説 攻略法と併せて都市近郊オススメ釣り場も紹介近年流行中のハゼクラ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

ルアー釣りの仕掛け

ルアーは専用のクランクベイトが基本。根掛かりすることもあるので、3~4個は用意しておきましょう。エリアトラウトで使うシンキングタイプのクランクベイトも流用可能です。またこちらの記事では解説しませんが、最近はワームで狙う釣り方も出てきました。

ハゼクラの釣り方

ハゼクラの釣り方ですが、まずポイントの選定が重要になります。絶対条件は浅場であること。水深は1.5mまで。できれば砂浜や堤防でも干潮時に干上がるような釣り場が望ましいです。これはクランクベイトを底にタイトに引かなければ釣りが成立しないためです。

ハゼ釣り総合解説 攻略法と併せて都市近郊オススメ釣り場も紹介ハゼクラで使うクランクベイト(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

基本的な釣り方は投げて巻くだけ。このとき、クランクのリップが底にゴツゴツ当たる感覚があればOKです。巻くスピードは、その時々によって変えていきます。

ルアーで釣れる理由

ハゼクラでハゼがヒットする場合、スレ掛かりが多くなります。これはルアーをエサだと思っているのではなく、縄張り争いで仲間を攻撃しようとしているためだと言われています。そのため、付いているハリをバーブレスに交換しておくと、スレ掛かりでも刺さりが良くなりフッキング率が向上します。

次のページで全国オススメ釣り場を一挙紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。