伊良湖沖の泳がせ釣りで83cm頭に良型ヒラメ顔見せ【愛知・昭徳丸】

伊良湖沖の泳がせ釣りで83cm頭に良型ヒラメ顔見せ【愛知・昭徳丸】

7月24日、愛知県・南知多町師崎港の昭徳丸から泳がせ釣りで釣行。良型ヒラメの宝庫「伊良湖沖」で本命ヒラメとハマチをキャッチした釣行をレポートしたい。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・長谷真一)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

最終釣果

結局、私はヒラメ50cmと41cm、ハマチ55cm、イシモチ、タチウオの計5匹の釣果。難しい日だったが、なんとか結果を出すことができた。少しは成長しただろう。泳がせ釣りの経験はまだまだなので、こうやって1つずつ引き出しを増やしていきたいものだ。

船長によると、「伊良湖沖は良型ヒラメの宝庫。泳がせ釣りではハマチやマダイなど、まだまだこれから期待できる」そうなので、一度チャレンジしてみてはいかが。最初は敷居が高いが、いざ行ってみるとのんびりできて楽しいことが分かると思う。

最後に、当日も暑さにやられそうになった。大きめのクーラーに冷たいものを満載して釣行したい。

<週刊つりニュース中部版 APC・長谷真一/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
昭徳丸
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年8月14日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。