【東海2020】ワームチニングのススメ 大潮のシャローエリアが激アツ?

【東海2020】ワームチニングのススメ 大潮のシャローエリアが激アツ?

私は愛知・衣浦港でシャローでカニやエビ、小魚などを捕食しているクロダイ・キビレを、ワームを使ったチニングで狙っています。今回はそのワームを使ったチニングについて紹介します。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・杉浦永)

Haruka_Sugiura

普段はボートからのベイフィッシングゲームがメインで、愛知県の衣浦港・衣浦マリーナから20フィートほどの湾内専用ボートで出船しています。シーバス・クロダイ・ロックフィッシュなど魚種を問わず、シーズナルゲームを楽しみながら、狙える魚は全て狙うスタンス。釣りの以外にも旅行を趣味として、歴史を学ぶのが好きです。

×閉じる

ソルトルアー ショア

フィーディングポイントを狙う

普段はシャローで水深が30cm以下だったり、干潮時に干上がってしまったりするようなポイントで、大潮の満潮になると完全に水中の中に入ってしまうようなポイントはオススメ。

普段から浅いポイントにはカニなどの甲殻類が外敵から身を守るために生息していることが多いのですが、大潮の満潮時はそういうポイントも水の中に沈むので、ターゲットがフィーディングに上がってくることがあります。

大潮の干潮時の昼間にフィーディングエリアを観察しておいて、夏の夜の大潮の満潮時に狙ってみると、思わぬ爆釣があるかも?!ぜひ夕涼みがてらに身近なポイントでチニングしてみてください!

<杉浦永/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り場について
衣浦港

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。