厄介な定番ゲスト魚「アイゴ」の下処理方法 安全に美味しく食べるために

厄介な定番ゲスト魚「アイゴ」の下処理方法 安全に美味しく食べるために

ヒレに鋭い毒の棘があり、身には強い臭いがあって嫌われがちな、陸っぱり釣りの定番ゲスト魚と言えば「アイゴ」です。でも、正しい手順を踏めば美味しく食べられる食材でもあるのです。今回は、アイゴの下処理方法について解説します。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・杉本隼一)

Shunichi_Sugimoto

静岡在住の釣り好きです。季節ごとその時に釣れているターゲットを狙って一年中釣りを楽しんでいます。解説記事をメインに釣果レシピや釣行記も執筆中。

×閉じる

その他 お役立ち

自宅での下処理方法

続けて、自宅での下処理について解説していきます。

流水でしっかり洗う

持ち帰ったアイゴは流水でしっかり洗い、残った腹の汚れや血合いをしっかり落とします。

三枚下ろし&皮を引く

水気を拭き取ったら後は他の魚と同様の手順で三枚下ろしにします。腹骨を取り除き、できれば皮も引いておくのがおすすめです。時間が経つと皮からニオイが出てくる可能性があるので早めに取り除いてしまうのがベストですが、難しい場合は無理に引かなくてもOK。後はお好みの調理法で食べるだけです。

厄介な定番ゲスト魚「アイゴ」の下処理方法 安全に美味しく食べるために三枚下ろし完成(提供:WEBライター・杉本隼一)

加熱調理法がオススメ

新鮮なアイゴは生食でも食べられますが、筆者はあえて加熱調理をオススメしています。アイゴは皮をつけずに加熱しても身が崩れにくいので調理しやすいのが特徴です。

厄介な定番ゲスト魚「アイゴ」の下処理方法 安全に美味しく食べるためにきれいな白身(提供:WEBライター・杉本隼一)

ムニエルやソテーから煮付け、アクアパッツァなどの煮込み料理でも美味しく食べられます。アイゴは熟成させると臭みが復活してしまう場合もあるので、加熱調理でも早めに食べることをおすすめします。

<杉本隼一/TSURINEWS・WEBライター>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。