大人が楽しむ釣り&昆虫採集 ヤマメとミヤマクワガタ手中【横瀬川】

大人が楽しむ釣り&昆虫採集 ヤマメとミヤマクワガタ手中【横瀬川】

8月5日(水)、埼玉県秩父郡横瀬町を流れる横瀬川へ釣行。夕マヅメ90分勝負で良型ヤマメが釣れたうえに、クワガタ採集では狙い通りミヤマクワガタを採集し大満足。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・竹内尚哉)

なおぱぱ

ライター紹介文→関東を中心に季節問わず1年中釣りを楽しんでおります。執筆しながら色々と成長をしていきたいと思いますので、宜しくお願い致します。

×閉じる

淡水の釣り 渓流釣り

埼玉・横瀬川で渓流釣り

横瀬川は荒川水系の支流の一つで、以前から知っていたが釣りをするのは初めての川だ。ヤマメ、イワナが上流で釣れ、管理釣り場下流はニジマスも交じるようだ。道路に面してアクセスがしやすいので、スレている魚も居るが時間がない時でもチャレンジはしやすい川である。

大人が楽しむ釣り&昆虫採集 ヤマメとミヤマクワガタ手中【横瀬川】釣り場風景(提供:WEBライター・竹内尚哉)

タックル

当日のタックルは5.4m渓流ザオに、ミチイト0.6号を2mほど結んで渓流釣りでいうチョウチン仕掛けにする。ハリはヤマメバリ5号をミチイトと直結。目印を3つ付けて、オモリはガン玉を使用しポイントにより重さを選択する。エサは、ミミズを使用した。

「釣り」と「昆虫採集」の目標

渓流釣りとクワガタ採集を同日に楽しんで、できれば「良型のヤマメかイワナを釣り、採集は樹液でミヤマクワガタを採集」したい。現地到着は16時なので、移動時間や帰宅時間を考慮すると釣りも90分採集も90分の合計3時間コースの予定である。

大人が楽しむ釣り&昆虫採集 ヤマメとミヤマクワガタ手中【横瀬川】クロアゲハにも遭遇(提供:WEBライター・竹内尚哉)

まずは渓流釣り

夕方16時に横瀬町に到着し、コンビニで入漁券を買う。入る場所は車が1台ほどしか止まってなかった上流域に決定し、釣りを開始する。だが上流域を探っていくもアタリがない。釣り上がるもいいポイントは確認できず、30分経ってしまい入渓点まで戻ることに。

大人が楽しむ釣り&昆虫採集 ヤマメとミヤマクワガタ手中【横瀬川】入渓点付近の釣り場(提供:WEBライター・竹内尚哉)

入渓点下流を攻める

下流を釣り下ると、すぐ下流のここぞという橋下ポイントでアタリ。だが掛かる魚は3寸クラスの可愛いヤマメばかりでコレといった進展はない。すぐに下流でまともなサイズのアタリがあるが、掛からず苦戦を強いられる。

ヤマメ25cmをキャッチ

時間もだんだん経過していくが、今日1番の大場所に辿り着いた。まさにここで釣れないのであればもう諦めるしかないだろう。

流れが速いのでここは慎重にオモリを追加して底波に入れると、流し終える所でサオがひったくられた。すかさずサオを立てると強い引きで、下流に少し下られたが小渓流なだけに問題なく取り込んだ。

釣れた魚は25cmの美形なヒレピンヤマメで、思わずにっこりしてしまった。制限時間90分以内に勝負がついて、釣れてくれた事に感謝した。写真を撮ってしばらく鑑賞してリリースし、釣りの部は終了となった。

大人が楽しむ釣り&昆虫採集 ヤマメとミヤマクワガタ手中【横瀬川】25cmのヒレピン(提供:WEBライター・竹内尚哉)

次のページで昆虫採集をスタート!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。