解禁当日の『剣崎沖カワハギ』釣行 尺級の良型乱舞【神奈川・瀬戸丸】

解禁当日の『剣崎沖カワハギ』釣行 尺級の良型乱舞【神奈川・瀬戸丸】

8月1日(土)、東京湾剣崎松輪の瀬戸丸でカワハギ釣りへ。解禁日らしい大型がそろった、カワハギシーズン解禁初日をレポートしよう。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

剣崎沖でカワハギ釣り

8月1日(土)、東京湾剣崎松輪の瀬戸丸で久しぶりにカワハギ釣りを楽しんだ。この日は、約2カ月間の禁漁期間解禁日。カワハギフリークは、毎年この日にスタートする人が多い。

剣崎松輪港は、マダイやイサキにマルイカ、さらにキハダの解禁も相まって朝から大にぎわい。梅雨が明け、曇天微風で絶好の釣り日和だ。

解禁当日の『剣崎沖カワハギ』釣行 尺級の良型乱舞【神奈川・瀬戸丸】瀬戸丸船宿周辺略図(作図:週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘)

本命カワハギ顔見せ

ポイントが近いのでアッという間に真沖の釣り場に到着。「水深は10mです。いいですよ」とのアナウンスで全員一斉にスタートフィッシング。

すぐに、前田さんが本命をキャッチ。私も、着底後に1mほど底を切って、金色のオモリを躍らせ、キラメキで周辺の魚を集める作戦。中オモリをフワフワ動かして魚の食い気を高め、ビタ止めで様子をみる。

アタリはでたが、ゲストの活性が高いようで良型のカサゴやベラが5連続。さらに強烈な引き込みで45cmのアナゴまで釣れて苦笑い。

解禁初日は良型連発

7時半に、カンカンカンという本命らしいアタリが訪れ、25cmの良型カワハギをゲット。続いて料理上手の井尻さんもすぐに1枚目をキープ。

右舷の進藤さんはいきなり30cmオーバーの尺サイズを抜き上げ大喜び。さらに28cmを連釣する。隣の鈴木さんにも31cmがヒット。「まだ4回目で、前回は釣れませんでしたが、きょうは釣れてよかったです」と笑顔でコメント。

解禁当日の『剣崎沖カワハギ』釣行 尺級の良型乱舞【神奈川・瀬戸丸】鈴木さんも31cmに満面の笑み(提供:週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘)

尺カワハギに笑顔

さらに、祖父と父親のサポートで初めての船釣りを楽しんでいた佑馬くん(小1)は、人生初のカワハギがいきなり尺物という快挙を達成して「釣りっておもしろい」と大はしゃぎ。

解禁当日の『剣崎沖カワハギ』釣行 尺級の良型乱舞【神奈川・瀬戸丸】佑馬くんの人生初カワハギはなんと尺上(提供:週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘)

誘いは『ゆっくり』

浅場では濁りがひどく潮が速すぎて難しいと判断した船長は、各ポイントをランガン、潮回りのたびに誰かが大型を手にする展開。進藤さんが連続で取り込むと、隣の松村さんもやっと尺サイズをゲット。

解禁当日の『剣崎沖カワハギ』釣行 尺級の良型乱舞【神奈川・瀬戸丸】進藤さんは尺ハギを連釣(提供:週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘)

それを見ていた前田さんは「きょうは動かしすぎず、ゆっくりとした誘いがよさそうですね」といいながら31cmの尺上含み連チャン。

解禁当日の『剣崎沖カワハギ』釣行 尺級の良型乱舞【神奈川・瀬戸丸】前田さんも31cmをゲット(提供:週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘)

3連釣で有終の美

私もその誘いをまねる。底で仕掛けを止めて静かに待つと、数分後にゴンゴンゴンと大型らしいアタリが訪れ、水面に現れたのはこれまた尺級で気分は最高。しかし、抜き上げのときハリが折れて無念のバラシとなってしまった。

気を取り直して次を狙うと、またまた同じようなシグナルが届く。今度は慎重なやりとりを心掛けて、ネットに収まったのは28cm。

その後も、アタれば大型と言う展開が続き、ラストは、この日は珍しく苦戦していた増澤さんが、誰にもアタリがでない状況で3連続ヒット。有終の美を飾った。

解禁当日の『剣崎沖カワハギ』釣行 尺級の良型乱舞【神奈川・瀬戸丸】ラストに連釣した増澤さん(提供:週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘)

久しぶりに最高気温が33度を超え、本当に暑い一日だったが、船上もアツアツで大興奮のまま13時15分に終了。

次のページで最終釣果発表!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。