子供と一緒に「安い・近い・短時間」のハゼ&テナガエビ釣りを満喫

子供と一緒に「安い・近い・短時間」のハゼ&テナガエビ釣りを満喫

8月5日(水)、梅雨明けとほぼ同時に会社も夏休みに突入。釣り友親子と一緒に、近場で手軽に楽しめるハゼと、テナガエビを1日で楽しもうと、「安近短」リレー釣行に出かけました。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:千葉・白井亜実/週刊つりニュース関東版)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

江戸川放水路の「みさお丸」桟橋

まずは江戸川放水路にあるみさお丸の桟橋にてハゼ釣り。

子供と一緒に「安い・近い・短時間」のハゼ&テナガエビ釣りを満喫みさお丸桟橋でハゼ釣り(提供:千葉・白井亜実/週刊つりニュース関東版)

「ハゼ片天秤セット一発」

8時、受付で名簿を記入、エサの青イソメを受け取って、さっそく釣り開始。桟橋はL字型になっていて、手前の水深は1mほど。浅場から徐々に深くなっていき、ボート釣りの人もいます。

持参したタックルは1~1.8m前後のノベ竿。仕掛けはオーナーばり「ハゼ片天秤 セット一発」。ハリとオモリ、天ビンがセットになっているので、ミチイトを結ぶだけであっという間に準備完了。

エサの青イソメは、口の硬い部分からハリを掛け、形に沿わせて通し刺しにしたら、1cmくらい残してカット。この付け方が、もっとも効果的でエサ持ちがいいと、時どき様子を見にきてくれた宿のスタッフが教えてくれました。

移動してアタリを探る

先に竿を出していた常連にあいさつすると、「どんどん移動しながらアタリを探していくんだよ」とアドバイス。女児ののんちゃんは、お母さんの近くで会話を楽しみながらゆっくり釣りを楽しみ、男児のきらくんは、冒険するように、竿を片手にあちこち探り、釣れるとオススメの場所を教えてくれます。

子供と一緒に「安い・近い・短時間」のハゼ&テナガエビ釣りを満喫移動してアタリを探る(提供:千葉・白井亜実/週刊つりニュース関東版)

杭周りにハゼスポット発見

私は浅場中心に狙うと、杭周りに当たりスポットを発見。ノベ竿だとアタリがダイレクトに伝わり、7cmほどの小さなハゼでも、ググーッと竿が曲がって楽しめます。でも、魚がまだ小さいこともあり、アワセのタイミングがなかなか難しい。それでも、フッキングがバッチリ決まると気持ちよく、ゲーム性も高いので、大人もついつい夢中になります。

時折、小魚の群れが現れたり、ハゼが飛び跳ねる姿が見られたりして子どもたちも大喜び。この日は10cmを中心に、大小交じりでポツリポツリと本命が釣れて、午前中の釣りを十分楽しめました。干潮が近づいてきたタイミングで納竿。しっかり給水し、テナガエビの釣り場へ移動。

子供と一緒に「安い・近い・短時間」のハゼ&テナガエビ釣りを満喫のんちゃんとハゼ(提供:千葉・白井亜実/週刊つりニュース関東版)

なお、同宿は最寄駅から送迎もしてくれるので、電車釣行にもお勧め。エアーポンプを用意し、活かして持って帰れば刺し身でも◎。でも、マハゼがあまりに愛らしく、私は自宅で飼育を始めました。汽水魚で比較的生命力が高いので、夏休みの飼育観察にいいかも。

使用した仕掛け

子供と一緒に「安い・近い・短時間」のハゼ&テナガエビ釣りを満喫使用したハゼ仕掛け(提供:千葉・白井亜実/週刊つりニュース関東版)

「ハゼ片天秤 セット一発」

初心者にも手軽に扱えて楽しめる。すぐに使えるオモリ付き。ミチイトを天ビンに結ぶだけ。コンパクトロッドやノベ竿などに対応。ハリサイズ6~10号。

▼この釣り場について
みさお丸桟橋

次のページでテナガエビ釣りに転戦!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。