夏の東京湾ルアータチウオで良型乱舞 船中トップ13尾【神奈川・太田屋】

夏の東京湾ルアータチウオで良型乱舞 船中トップ13尾【神奈川・太田屋】

7月19日(日)、東京湾金沢八景の週刊つりニュース協定・太田屋からルアータチウオに釣行。ドラゴン級も飛び出した釣行の模様をお届けしよう。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

観音崎沖でタチウオジギング

6時に船宿到着。明るい若女将と船長たちに迎えられる。受け付けを済ませて近況を聞くと、「例年だと浅場で小型の数釣り時期ですが、連日大型が釣れていて好調ですよ」と言われ、期待に胸が膨らむ。

人気の釣り物とあってこの日は3隻出しの大盛況。定刻の7時15分に出船。朝は土砂降りだった雨は、沖に出ると上がり晴れ間が見える。約40分のクルージングで、観音崎沖タチウオジギングのポイントに到着。いつものように数十隻の船団ができていたが、その間隔は広く群が散っていることが分かる。

ピンクジグでタチウオ連発

「水深70m。下から20mまでやってみてください」のアナウンスで開始。ピンクのメタルジグ150gで様子をみると、朝のサービスタイムで高活性。隣の齊木マサヒコさんとその友人、斎藤栄さんが90cm級を連続キャッチ。左舷の古川匡規さんはメータークラスのタチウオを連チャン。

夏の東京湾ルアータチウオで良型乱舞 船中トップ13尾【神奈川・太田屋】グッドサイズを連発(提供:週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘)

さらに、ミヨシの伏見洋和さんや大沢知己さんは大型らしき魚をバラしたり、連続キャッチしたりと好スタート。

潮が速いせいか、全体的には抵抗の少ないナス型シルエットで潮切れのいいジグにアタっていたので交換。すると、いきなりメータークラスが2尾ヒット。周りの状況を見て当りルアーを使うことの大切さを痛感。

潮止まりから入れ食いに

二枚潮も重なり、釣りづらかったが、10時に潮止まりを迎えると、急にアタリが増える。フォール中にガツガツ、巻きではドスンとヒットが連発して入れ食いがスタート。

夏の東京湾ルアータチウオで良型乱舞 船中トップ13尾【神奈川・太田屋】大型キャッチ(提供:週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘)

左舷の飯田千加さんと厚澤武さんは仲よく良型をゲットし楽しんでいる。

夏の東京湾ルアータチウオで良型乱舞 船中トップ13尾【神奈川・太田屋】コンスタントに良型キャッチ(提供:週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘)

ロングジグでドラゴン狙い撃ち

数は十分キープしたので、ここでビッグベイト=ビッグフィッシュパターンを検証するため、マルシン漁具・龍牙160gの赤金にルアーチェンジ。いつもは、9~12cmほどのジグを多用しているが、前週の別宿で20cm前後のイワシエサを使った人がテンヤ釣りで110~129cmのドラゴンサイズを連釣するシーンを目の当たりにして、17cmのロングジグを試してみることにした。

すると、これが大正解。全体にアタリが減ったタイミングで、いきなりガツンとリールを巻く手が止められ、強烈な引き込みが到来。慎重なファイトの末、抜き上げたのは指6本の極太で110cm。次投では、さらに太い116.5cmが飛びだして、狙って釣った大型に思わずガッツポーズ。その後もメーターアップを追釣、大満足で14時の沖上がりを迎えた。

次のページで最終釣果発表!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。