子供と一緒に釣り行こう:お手軽サビキ釣でサバ快引【三重・四日市港】

子供と一緒に釣り行こう:お手軽サビキ釣でサバ快引【三重・四日市港】

「四日市はサバが爆釣!」という情報をもらい6月下旬、家族総出で三重県四日市方面へ。お手軽サビキ釣りに三姉妹は熱中、釣果料理のカレー味の竜田揚げは大好評だった。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

四日市港でファミリーフィッシング

最初に目的地にしたのは霞ケ浦ふ頭。午後3時にウール護岸に到着すると、カーマニアの集会が行われており、岸壁の半分以上が埋め尽くされていた。わずかな隙間でサオを出している人もいるが、全く釣れていない様子。海は茶色く濁っており雰囲気も悪い。テンションが上がらないので四日市港へ移動した。

こちらも情報のせいかあちこちでサビキ釣りをする人がいるが、全く釣れていない。けれど他の候補地もないので並びに入ってサビキ釣りの準備をしていると、みんな帰ってしまった。先行き不安だ…。

エサは「アミ姫」を使用

エサは手が汚れないアミ姫とアミ姫キララを使用。早速、子供2人がコマセをまいて魚を寄せる。開始時は干潮の底だったが、徐々に上がってきた。霞と違って水色はいいが反応はなく、隣に来た人がタコを上げただけ。潮位は随分上がってきたが、あまりの釣れなさに不安になってきた。

子供と一緒に釣り行こう:お手軽サビキ釣でサバ快引【三重・四日市港】臭いがつきにくいアミ姫(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

ようやくサバをゲット!

見切りをつけて港内を移動すると、人が集まっているエリアがあった。「もしかして釣れているのかもしれない」と思い、少し離れた場所でコマセをまいてみた。

すると「今ブルブルした!」と子供のロッドに反応が。コマセを追加投入すると「きたー!」とヒット。サバだ。

子供と一緒に釣り行こう:お手軽サビキ釣でサバ快引【三重・四日市港】サバゲット!(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

サバは痛むのが早く、食中毒の危険性もある。急速冷却させる必要があるため、釣れたらすぐに氷水満載のクーラーに投入する。

心強いファミリーの援軍も

ふと見ると先ほど横にいたファミリーの姿が。彼らもアミ姫を使っている。これは心強い援軍だ。子供たちは慣れた手つきでコマセカゴにアミ姫を詰めてせっせとまいている。

子供と一緒に釣り行こう:お手軽サビキ釣でサバ快引【三重・四日市港】頑張って誘いを入れる(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

次は「サオがバタバタする」と次女が言うので視線を向けると、テイップがガタガタとたたかれている。「巻いて巻いて」と回収させると、こちらも無事にサバをゲット。

子供と一緒に釣り行こう:お手軽サビキ釣でサバ快引【三重・四日市港】本命のサバをゲット(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

徐々に群れが寄ってきたようだが密度は低く、なかなか数が伸びない。さらに、慣れていない子供たちなので、モタモタしているうちにバレてしまう。それでもポツポツとサバを追加し、午後6時に納竿とした。

次のページで釣果レシピ堪能

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。