クジラ消費量日本一の長崎県にある専門店が選ぶオススメ部位3選

クジラ消費量日本一の長崎県にある専門店が選ぶオススメ部位3選

部位によって味や食感が異なるクジラ。今回はクジラの消費量が日本一の長崎県にある日野商店さんに「クジラのオススメの部位」を聞いてみました。

(アイキャッチ画像提供:日野商店)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

その他 お役立ち

クジラの「部位」は豊富!

普段の食卓でクジラ料理は滅多に出てこないので、あまりスポットを浴びないかもしれません。しかし、実は色んな魅力が詰まった食材なんです。

一般的に「珍食材」としてのイメージが強いクジラですが、牛、豚、鶏などと同様に、様々な「部位」があります。例えば、代表的な部位には「舌」「背肉」「むね肉」など、焼肉屋でよく目にする部位がありますが、クジラならではの部位&呼び名も存在しています。

部位ごとに特徴がある

また、クジラの部位ごとに特徴があるのも面白いところだと思います。

味・食感が異なる

牛タンであれば「コリコリ」、霜降り肉なら「柔らかジューシー」といったように、クジラも部位によって味が大きく変わってきます。脂が多い、食感がコリコリと面白い、牛や豚とは異なる独特の味などなど、その特徴も様々。

日本ではミンククジラ、イワシクジラ、ニタリクジラの3種類が主に食用として流通しており、同じ部位でもそれぞれのクジラで味や食感が異なるので、「ハマると深い」食材でもあります。

食材以外にも利用される

また、クジラの部位は食材としてだけでなく、加工品としても利用されています。例えば、「クジラの髭(ひげ)」は、一部の釣竿の先端部にも利用されているそう。日常生活の意外なところに「クジラの部位」は潜んでいるのです。

オススメの部位3選

とはいえ、クジラを実際に食べてみないと、その違いや特徴は分かりませんよね。そんな「クジラビギナー」の方のため、クジラに誰よりも詳しい加工業者「日野商店」さんにオススメの部位を3つ聞いてみました!

百畳(ひゃくじょう)

まず1つ目が、クジラの「胃袋」である百畳(ひゃくじょう)。

クジラ消費量日本一の長崎県にある専門店が選ぶオススメ部位3選百畳(ひゃくじょう)(提供:日野商店)

しつこくない脂肪分、噛むとじわりと出る甘みが特徴で、特にツウの人に人気の部位とのこと。脂が少ないクジラの部位の中でも、比較的多くの脂質を含んでいるようですが、その脂はあっさりとした味わいだそうです。スライスし、ポン酢などをつけて食べるのがオススメ。

「百畳」の名前の由来は、「クジラの胃袋はとても大きく、畳が百畳もあるぐらい」という例えからきています。

百尋(ひゃくひろ)

2つ目が、クジラの「小腸」である百尋(ひゃくひろ)。

クジラ消費量日本一の長崎県にある専門店が選ぶオススメ部位3選百尋(ひゃくひろ)(提供:日野商店)

内臓なのでクセがありそうに感じますが、丁寧に加工しているので臭みは無く、食感はコリコリとしているそう。特に長崎県で加工されたものは、「他県とは一味違う」と好評。醤油につけて刺身で食べるのがオススメ。

クジラの小腸はとても長いことから「百尋(尋は長さの単位)」と呼ばれ、長崎では縁起物として、お正月やおめでたい席に出されます。

畝須(うねす)

3つ目が、畝須(うねす)と呼ばれるクジラの下あごから腹部にかけての柔らかい部分。畝須を加工したものは2種類あるとのこと。

畝須の一番柔らかいものだけを水煮して、炊き上げたものを「すえひろ」と呼ぶそう。長崎出身の筆者も、正月などに食べていた部位ですが、イチオシ級に旨い部位です。

クジラ消費量日本一の長崎県にある専門店が選ぶオススメ部位3選すえひろ(提供:日野商店)

「すえひろ」は脂っこくなく、モチモチとした食感。また、あっさりとしていることから酢味噌などにもベストマッチ。もちろんポン酢などでも美味しくいただけます。名前のごとく「末広がり」の縁起物として、長崎ではおめでたい席で食されます。

畝須(うねす)を加工したものがもう1つあります。それが、「ベーコン」です。

クジラ消費量日本一の長崎県にある専門店が選ぶオススメ部位3選ベーコン(提供:日野商店)

畝須を塩蔵熟成したベーコン。余分な水分を落とし、クジラの旨味を十分に引き出すことで、風味豊かな味わいとなるそう。ちなみに、ベーコンも筆者は良く食べていたクジラの部位です。塩分を含むので食べ過ぎ注意ですが、お酒のツマミとしては最高クラス。夏にはビールのお供にオススメです!

すえひろと同様、長崎ではおめでたい席で食されます。

クジラ料理ご賞味あれ

今回はクジラの専門加工業者「日野商店」さんに聞いた、オススメの部位を3つ紹介しました。どの部位もそれぞれ魅力があって面白いですよね。

あまり普段の食卓に並ぶ機会がないクジラですが、新型コロナで家にいることが多い昨今、ちょっとした「家でのお楽しみ」として食べてみるのもオススメです!

案外病みつきになってしまう、魅力的な味ですよ。

取材協力:株式会社 日野商店

<田口/TSURINEWS編集部>

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。