シーバスゲームのメッカ『中海』でセイゴ3尾 バスタックルで手中【島根】

シーバスゲームのメッカ『中海』でセイゴ3尾 バスタックルで手中【島根】

島根県と鳥取県をまたぐ広大な汽水湖の「中海」。山陰地方を代表するシーバスゲームのメッカになっている。今回は、バスタックルを使用してのセイゴゲームをお届けする。

島根県のリアルタイム天気&風波情報

鳥取県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・中濱友也)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

中海はシーバス釣りのメッカ

島根県と鳥取県をまたぐ広大な汽水湖の中海は、日本海につながる巨大な水路・境水道があることで、湖でありながら潮の満ち引きの影響を大きく受けた潮流もある。

この特殊な環境は、チヌやコチなど多くの海魚を生息させる要因となっている。そして、最もこの環境に適した魚がシーバスである。この一帯は、山陰地方を代表するシーバスゲームのメッカになっている。

夏のシーバスは、大型の個体よりも40cmぐらいまでのセイゴクラスの活性が高い。

シーバスゲームのメッカ『中海』でセイゴ3尾 バスタックルで手中【島根】江島大橋略図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・中濱友也)

バスタックルでのセイゴゲーム

タックルは、バスロッドにPEライン1号を巻いたスピニングリール。セイゴゲームの場合、ルアーとPEラインは直結するのが私流。ユニノットで結んでから、本線にヒッチを3回かける。ヒッチをかけないと抜けるので、必ずかけること。

シーバスゲームのメッカ『中海』でセイゴ3尾 バスタックルで手中【島根】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・中濱友也)

直結のメリット・デメリット

直結のメリットは、ガイドでのトラブルが少ないことと、FGノットをしなくて済むこと。つまり、面倒くさくないことだ。結び強度的には、過去に大型のコチやアカエイも釣れているので問題ない。

デメリットは、ルアーフックにラインが絡むトラブルがあるのと、スレに弱いので、ラインチェックを小まめにして、1尾釣ったら結び替えること。しかし、FGノットを組むよりもはるかに楽である。岩場などではリーダーを付けることをお勧めする。

江島大橋周辺で釣り開始

6月下旬の長潮。午後6時、夕マヅメを狙って訪れたのは、鳥取県境港市と島根県松江市の江島を結ぶ江島大橋周辺。ここは両岸とも護岸が整備されており、足場が良い。

風の方向によって、ルアーを投げたときに追い風となる方の岸から釣る。今回は江島側だ。

シーバスゲームのメッカ『中海』でセイゴ3尾 バスタックルで手中【島根】夕マズメに勝負(提供:週刊つりニュース西部版 APC・中濱友也)

水草とボラがポイント

釣り場に着いたら、まずは魚のいそうな所を観察する。特に私が気にするのは、水草の生えている場所と、ボラを探すことだ。水草はストラクチャーとなる。ボラのいる場所は、水の流れや水温などの変化があると私は考える。ボラだけでなく、ほかの魚もいる可能性があるのだ。

中海のように広大な釣り場では、やみくもにキャストするのではなく、釣り場の小さな変化を感じ取ることが重要だ。

水草付近で本命35cm

うっすらと水の色が変わっている場所を発見。水草が生えている。そのサイドにルアーをキャストすると、35cmの本命。

シーバスゲームのメッカ『中海』でセイゴ3尾 バスタックルで手中【島根】水草周りに潜む35㎝をキャッチ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・中濱友也)

次のページで40cmオーバーをキャッチ!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。