筏釣りでアジ&キス数釣り達成 60cmサゴシも手中【福井・はとう渡船】

筏釣りでアジ&キス数釣り達成 60cmサゴシも手中【福井・はとう渡船】

7月5日、福井県小浜市の「はとう渡船」の筏に乗って三目釣りを堪能してきた。アジ、キス、サゴシと多彩な魚種に出会えた釣行の模様をレポートしたい。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・古川竜也)

古川竜也

渓流釣りからロックショアまで、様々な釣りをしています。時期に合った旬な釣り情報をお届けします。

×閉じる

海釣り施設 イカダ&カセ

『筏釣り』とは?

まずは筏(イカダ)釣りの概要を説明しよう。

筏釣りについて

『筏釣り』とは、沖に固定してある筏(イカダ)の上から楽しむ釣りのこと。筏は主に湾内に設置されていて、ロープなどで海底に固定されている。そのため、流されることはほとんどなく、子供でも安心して釣りをすることができる。渡船料は船釣りに比べて安価で、2,000~4,000円あたりが相場である。

筏釣りの特徴

筏釣りの最大の魅力は、岸からではなかなか釣ることが難しい魚を手軽に狙えること。釣れる魚種は場所によって違うため、事前に渡船のホームページ等で釣果を確認しよう。

注意点

波の高い日や風の強い日は、固定してある筏でもかなり揺れる。船酔いしやすい人は、当日の風や波を調べておいたほうが良いだろう。

『はとう渡船』で筏釣り

7月5日、渡船時間の午前3時半に合わせて自宅を出発。「はとう渡船」に到着し、釣り仲間4人と共に、アジ狙いの筏へ午前4時頃に渡していただいた。今回は主にアジ狙いだが、キスやサゴシ狙いのタックルも準備した。

当日のタックル

アジ狙いでは、3mの万能竿に4号の道糸を100m巻いた3000番クラスの中型スピニングリールを使用した。仕掛けは8号前後の6本針のハゲ皮サビキに、6号のサビキカゴを一番下に付けたシンプルなものを使用。

キス狙いでは、硬めのバス用スピニングロッド2mに3号の道糸を100m巻いた2500番クラスのスピニングリールを使用した。仕掛けはちょい投げ用天秤6号に3本針のちょい投げ仕掛けを使用。

サゴシ狙いでは、9.6ftのライトショアジギングロッドにPEライン2号(リーダー30lb)の5000番クラスのスピニングリールを使用した。ルアーはオルルド釣具の40gメタルジグを使用した。 エサは、アジ狙いではアミエビとオキアミを使用し、キス狙いではアオイソメを使用した。

1投目で尺アジ手中

4時からタックルを準備して釣り開始。サビキカゴにアミエビを詰めて、ボトムまで落としてからシャクって止める。これを繰り返していると、なにかがヒット。強烈な引きをしながら上がってきたのは尺アジ。

1投目から順調の滑り出し。ボトムにアジが溜まっているらしく、次々に良型アジがヒット。しかし、午前6時を過ぎたタイミングでアタリがピタリと途絶えてしまった。

ちょい投げでキスをキャッチ

そこで、ちょい投げ釣りでキスを狙ってみることに。すると、足元で20cm級の良型キスがヒット。その後も連続でキスをキャッチすることができた。

ジグでサゴシ60cm級

しかし、8時を回るとキスも食いが渋くなった。そんな中、ルアーが届く範囲でナブラが発生!急いでメタルジグをキャストし、表層ジャークを繰り返すとヒット。

しかし、手前まで寄せたところで、アシストフックの紐が切れてバラシ…。魚が見えていただけに悔やまれる。その後の2投目でもヒットするが、身切れでフックオフ。ナブラはいつしか消え去ってしまった。

その後、12時を回ったタイミングでサゴシのジャンプが!次は中層をワンピッチジャークで探るとヒット。60cmはある良型サゴシをキャッチ。その後同じパターンでもう1尾追加して納竿とした。

筏釣りでアジ&キス数釣り達成 60cmサゴシも手中【福井・はとう渡船】サゴシ60cm級をキャッチ(提供:WEBライター・古川竜也)

次のページで最終釣果発表&当日のパターンを考察!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。