解禁当日に良型アユ乱舞 3時間のトモ釣りで20匹手中【滋賀・葛川】

解禁当日に良型アユ乱舞 3時間のトモ釣りで20匹手中【滋賀・葛川】

滋賀県安曇川水系内でも一番解禁の遅い葛川、今年は6月27日(土)が多くの釣り人を迎えて大盛況の解禁日となった。組合のお手伝いで午前中は監視員としてパトロールしながら集めた全川の情報と、私自身の釣果を紹介したい。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・牧野広行)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り アユ釣り

貫井地区から

前週の組合主催の試し釣りでは、遅い解禁で十分に成長した20cmクラスのアユが仕留められ、多くの釣り人とともに私自身もワクワクと期待してこの日を迎えた。

夜明け前からのひっきりなしの来客に、組合では密を避けながら対応するのに大忙しだった。そして早朝6時前には、葛川漁協前の河原には釣り人の影がチラホラ。やっとひと段落したのは、すでに午前10時過ぎだった。皆さんの釣況やいかに?早速、組合専務らとパトロールに出かけることとした。

解禁当日に良型アユ乱舞 3時間のトモ釣りで20匹手中【滋賀・葛川】早朝の漁協前には既に釣り人チラホラ(提供:WEBライター・牧野広行)

まずは、最下流の「貫井地区の瀬肩」に向かう。常連さんからの「今年のアユも綺麗だねぇ!」とお褒めの言葉に感激。「楽しんで下さい。」とあいさつし上流に向かう。

解禁当日に良型アユ乱舞 3時間のトモ釣りで20匹手中【滋賀・葛川】最下流の貫井地区(提供:WEBライター・牧野広行)

上流は大型の本命ポイントの「下梅ノ木の一本瀬」。こちらも一年ぶりに会う常連さんグループから、「今年のアユはデカイ。いつもの解禁用のフロロカーボンラインでは恐くてメタルに張りかえたよ!」とニコニコ顔。この瀬でお話しした釣り人全員が大型の引きを楽しんでおられた。

「釣り始めは入れ掛かりでしたが、一番アユを獲った後は現在休憩中。」とのこと。川全体が大混雑なので移動は難しいことを伝えると「では、今日はゆっくりここでやるよ。」とまたまたニコニコ顔だ。

解禁当日に良型アユ乱舞 3時間のトモ釣りで20匹手中【滋賀・葛川】下梅ノ木の一本瀬(提供:WEBライター・牧野広行)

梅ノ木キャンプ場前

さらに上流に向かい、梅ノ木下流の瀬の瀬尻のカーブを曲がり上流の「梅ノ木キャンプ場」を眺めると、予想どおりの大混雑。「人気ポイントは凄いね。」と専務と話しながら、真夏にはこの早瀬で入れ掛かりになりそうな、バラス底や頭大の石を確認しながら歩く。

解禁当日に良型アユ乱舞 3時間のトモ釣りで20匹手中【滋賀・葛川】梅ノ木下流の瀬(提供:WEBライター・牧野広行)

ひとしきり、釣り人の皆さんと情報交換をしてキャンプ場内の釣り人専用駐車場に上がった。この駐車場は、キャンプ場の受付で入漁証を見せ誘導に従って駐車することができるので、ぜひ活用してほしい。また、針畑川との合流点は今シーズンから駐車は困難になったので、ここを拠点に歩いて移動されることをお勧めする。

解禁当日に良型アユ乱舞 3時間のトモ釣りで20匹手中【滋賀・葛川】梅ノ木キャンプ場前(提供:WEBライター・牧野広行)

町居地区・坊村地区中流域

梅ノ木から上流は鯖街道が川の横を走り景観がよく、監視もしやすいので多くの釣り人とお話をすることができた。「町居橋の下」で釣る5人組グループの皆さんは、全員午前中4時間ほどで30匹ほどを手中に収め大満足の様子。

組合のある「坊村地区」では釣り仲間が「もう目標30匹超えたから、昼から一緒に釣ろうよ!」と誘ってくれる。同じように、坊村の曙橋上流のバラス底を狙う友人は、快調に竿を曲げている。町居地区から上流は大中の石が散らばる渓流相のなかにバラス底や砂底があり、よくポイントを観察して結ぶ仕掛けを工夫していた方が好調に釣られていたようだった。

解禁当日に良型アユ乱舞 3時間のトモ釣りで20匹手中【滋賀・葛川】午前中には30匹を快釣する釣り人も多かった中流域(提供:WEBライター・牧野広行)

次のページで筆者も参戦し良型20匹ゲット!

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。