チョイ投げでキス好調 青物&タチウオは不発【和歌山マリーナシティ】

チョイ投げでキス好調 青物&タチウオは不発【和歌山マリーナシティ】

6月に入り、和歌山県・紀北の和歌山マリーナシティでは、駐車場が解放された。そこで、6月24日に釣行。青物とタチウオは不発に終わったが、本命のキスはポツポツ釣れ、楽しい釣行になった。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・谷口墨人)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

メタルバイブで狙ったツバスは不発

現地の駐車場には、午後3時半に到着。タックルを持って和歌山マリーナシティの沖向きにある、大波止まで歩いていき、波止の中央から南寄りの所に釣り座を取った。南西の風が斜め横向きに吹いていて、海上も多少波がある。

チョイ投げでキス好調 青物&タチウオは不発【和歌山マリーナシティ】当日の釣り場(提供:WEBライター・谷口墨人)

最近はツバス(ブリの若魚)が釣れているので、まずはライトショアジギングで狙ってみた。イワシカラーの26gのメタルバイブレーションをチョイス。できるだけ遠投し、着水後、ボトムを取ってから、シャクり始めた。しばらく投入を繰り返したが、反応がない。やはり早朝がいいようだ。ツバス狙いを諦めて、本命のキス狙いに変更した。

チョイ投げでキス好調 青物&タチウオは不発【和歌山マリーナシティ】青物狙いのルアー(提供:WEBライター・谷口墨人)

本命のキス狙いにシフト

波止際から10mまでは捨て石が入れられていているが、それ以遠は砂底で引き釣りができる。キスバリ8号の3本バリ仕掛けに、エサのイシゴカイをハリいっぱいに付け、80m沖合いに投入、ゆっくりと引き釣りをする。キスがいれば、1投目からアタリがあるはずだ。

狙い通りすぐにブルッとアタリがあったが、ハリ掛かりしなかった。どうも、キスの活性が低いようだ。ハリを小さめの6号に変更し、投入後ゆっくりと引き釣りをしてみると、またブルッとアタリがあり、15cmのキスをキャッチした。

また投入して引き釣りをすると、ブルブルとアタリが出て、少しサイズアップした17cmのキスをキャッチ。次投は沖でアタリがなく、40mラインまで探ってきた時に、ゴンゴンといいアタリがきた。サオ先を送り込むと、ラインを少し持っていく。巻きアワセの要領でサオを立て、リールを巻いて寄せにかかると、グングンと心地いい引きが伝わってくる。やがて海面まで浮上させると、いい型のキスだ。ゆっくりと抜き上げたのは、19cmあった。

チョイ投げでキス好調 青物&タチウオは不発【和歌山マリーナシティ】良型キスをキャッチ(提供:WEBライター・谷口墨人)

当日はハゼやマッチ箱サイズのチャリコは釣れず、アタリがあればキスのアタリだった。オモリの着水音でキスが散ってアタリがなくなったら、少し移動して投入を始めると、またキスのアタリが出始める。単発だがぼっぼつとキスをキャッチしていき、1時間ほどで10匹のキスをキャッチした。

日没前からタチウオ狙い

午後6時をすぎると、タチウオ狙いの釣り人が続々とやってきて、混雑してきた。私も、タチウオ狙いに変更し、ワインドで狙ってみた。21gのジクヘッドに、パワーシャッド5inch(パールホワイト)の頭をカットしてから装着。できるだけ遠投し、着水後ボトムを取ってからゆっくりとシャクり始めた。

このころになると、風が弱くなってきて釣りをしやすくなってきた。しかし、日没後の暗くなった時間までシャクリ続けたがバイトはなく、午後8時に納竿とした。周りでは、電気ウキを使ってのエサ釣りで、70cmクラスのタチウオが1匹だけ釣れていた。

キスは13~19cmを10匹キープした。キス狙いはこれから盛期に入る。タチウオ狙いはまた、リベンジするつもりだ。

<谷口墨人/TSURINEWS・WEBライタ->

▼この釣り場について
和歌山マリーナシティ

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。