多魚種狙える『五目バチコン』ゲームが流行の予感【静岡・御前崎】

多魚種狙える『五目バチコン』ゲームが流行の予感【静岡・御前崎】

バチコンと聞くと、夜ボートからアジを狙うイメージ。しかし重いシンカーを使うことで深場を攻めて、日中には多様な魚が狙える。御前崎沖で楽しめる五目バチコンゲームを紹介しよう。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

TSURINEWS編集部

船釣り ボート釣り

五目バチコンの釣り方

次に五目バチコンの釣り方を説明しよう。

投入後、底物を狙う場合は底付近を、イサキやアジなど浮く魚を狙う場合は、船長の指示ダナに合わせる。リグがタナに達したら、ワームが潮を受けてハリスが張るまでひと呼吸待ち、頃合いを見てアクション開始。ロッドの穂先が20cmほど振れる幅のショートピッチジャークで誘い、ステイを織り交ぜ、アタリを待つ。ひとシャクリごとに様子を見るか、連続してシャクるか、魚種と状況に合わせパターンを探ろう。

アタリの出方は、ツンツンと繊細。テンビンを介しているため、アワセが効きにくいので、ロッドを90度以上立てるぐらいしっかりアワセを入れよう。アワセ損なっても、再びバイトしてくることも多いので、気を抜かずに誘い直すこと。

なお、一般的なルアーゲームと異なり、テンビンの先にルアーが位置するため「ハリスのたるみ」、「動きの起点はテンビンにあること」を常に考慮し、釣りを行うようにしてほしい。

多魚種狙える『五目バチコン』ゲームが流行の予感【静岡・御前崎】ルアーでは珍しいカイワリ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

五目バチコンを楽しもう

最後に、今回のレポートに協力してくれた第15増福丸での五目バチコンゲームは、ジギングやSLJ、タイラバで出船した際に、回るポイントやターゲットに合わせて楽しむシステムだ。

ゲームとしてはサブ的だが、バチコンを手数に加えることで、対象魚の幅が広がり、ジグやタイラバに食ってこない状況にも対応することができる。「沖に出たら、時間いっぱいさまざまな釣りを楽しみたい」そんな人にぜひお勧めのゲームだ。

<週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
第15増福丸
出船場所:御前崎港
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年7月3日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。