杉田千紘が東京湾『エギタコ釣り』に挑む 夏に最高「旨辛レシピ」も紹介

杉田千紘が東京湾『エギタコ釣り』に挑む 夏に最高「旨辛レシピ」も紹介

6月21日(日)、東京湾横浜山下橋の黒川本家から今年初めてのマダコ釣りに行きました。釣れたマダコの旨辛レシピもご紹介します!

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像:週刊つりニュース関東版 杉田千紘)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

黒川本家で東京湾エギタコ釣り

6月21日(日)、東京湾横浜山下橋の黒川本家から今年初めてのエギタコを使ったマダコ釣りへ。受け付けのあと船に荷物を運んでセッティング。久々の釣行でワクワクです!

今回使うタックルは、エギタコ竿に小型両軸リール。ミチイトはバリバス「クラウン船PEライン×8」の3号。リーダーは「ハードトップ船ハリス6号」を使用しました。

仕掛けは、長さの違うエギ2個にアピール力アップのため、1本に豚バラ肉の薄切りを巻きました。さらに、ハピソンのタコ寄せライトをセット。オモリは30号です。

杉田千紘が東京湾『エギタコ釣り』に挑む 夏に最高「旨辛レシピ」も紹介釣りの準備(提供:週刊つりニュース関東版 杉田千紘)

船長のレクチャーから

準備が終わったら黒川本家の船長さんのレクチャーを受けます。

釣り方はもちろん、根掛かり回避の方法や対応など、マダコ釣りで起こるトラブルについて詳しく丁寧に教えてくれるので、初心者も安心。

杉田千紘が東京湾『エギタコ釣り』に挑む 夏に最高「旨辛レシピ」も紹介船長のレクチャー(提供:週刊つりニュース関東版 杉田千紘)

ひと流し目でマダコ4尾

7時に出船。ポイントは航程1時間ほどの羽田沖。釣り座は右舷ミヨシだったので、少しキャスト。着底したらミチイトを張らず緩めずのアクションを加えながらトントントントンと、エギを揺らして空アワセ。これを繰り返していきます。

すると、ズシッとタコ特有の重さがきました。ひと呼吸おいてからアワせると、なんと1投目からヒット。「わーい、嬉しい!」。幸先いいスタートが切れてよかったです。

このあと、船中あちこちで小ぶりのタコが上がり始めます。私もポンポンと追加して、この流しで4尾ゲット。数を確保できたのでひと安心です。

杉田千紘が東京湾『エギタコ釣り』に挑む 夏に最高「旨辛レシピ」も紹介良型を上げた同船者の市川さん(提供:週刊つりニュース関東版 杉田千紘)

千葉方面移動でSツ抜け達成

乗りが遠くなったところで次のポイントへ移動。千葉方面へとクルージング。再開すると、ここでもすぐにズシッときました。丁寧に巻き上げてくると…。「あっ」、痛恨の海面バラシです。悔しい~。このあと、取り込みに自信が持てなくなってしまいました。さらに根掛かりのあと、また海面バラシ…。一気に気分が下がります。

「この負のループから抜け出さなければ」。気持ちを引きしめて、再スタートです。集中しているとポツリポツリとヒット。連続ヒットもあって6尾追釣してツ抜け達成。途中、エギをたくさんロストしてしまったので、船長手製仕掛けにチェンジ。根掛かりしにくくて、とても使いやすかったです。

杉田千紘が東京湾『エギタコ釣り』に挑む 夏に最高「旨辛レシピ」も紹介船長特製の仕掛けでもバッチリ(提供:週刊つりニュース関東版 杉田千紘)

良型マダコゲットし納竿

後半に入ると、最後の時合いに突入。「なんとかもう少し釣りたい」と、

トントントン、スーッの繰り返し。さらに、トントントン…のしっ!「きた? 11尾目」。続けて12尾目もゲットです。

杉田千紘が東京湾『エギタコ釣り』に挑む 夏に最高「旨辛レシピ」も紹介エイッと抜き上げ(提供:週刊つりニュース関東版 杉田千紘)

残り15分。「なんとか良型を釣りたい」。気合を入れて小突き続けます。

すると、タコに祈りが通じたのか、手元にはっきりと乗りが伝わります。バシッとアワせると、きょう一番の重量感。良型マダコをゲット!サイズアップに成功して沖上がり。ここで納竿時間になりました。

杉田千紘が東京湾『エギタコ釣り』に挑む 夏に最高「旨辛レシピ」も紹介お世話になった黒川本家(提供:週刊つりニュース関東版 杉田千紘)

次のページでタコの旨辛レシピを紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。