陸っぱりエギタコ釣りで本命3匹 良型バラシに悶絶【愛知・師崎港】

陸っぱりエギタコ釣りで本命3匹 良型バラシに悶絶【愛知・師崎港】

梅雨入りしたが、まだ愛知県・南知多町の水温は上がっていないようだ。だが、今年はタコが当たり年と言われているので、師崎港と新々堤でタコ釣りに専念した。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・日間賀島波止釣友会・中村輝夫)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

師崎港でエギタコ釣り

まずは師崎港の定期船乗り場にお邪魔して、エギタコ釣り。ここは困ったときの釣り場として定着していたが、今年はクロダイどころか何も釣れず釣り人の姿もない。「だがタコならば……」とサオ出しを決めた。

陸っぱりエギタコ釣りで本命3匹 良型バラシに悶絶【愛知・師崎港】タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 APC・日間賀島波止釣友会・中村輝夫)

果たして成果は出るのか。不安のなかでスタート。だが困ったことに根掛かりが激しい。エギを投げて巻き上げるまでに8回根掛かり。ハリ先がなまったり、エギ本体に傷が出来てしまったり。根が荒いということだ。1時間ほど試してみたが、タコパラエギが1個師崎港に取られたので退散した。

新々堤へ移動

次に移動したのはお隣の新々堤。同じくエギタコで狙う。ダンゴ釣りやフカセ釣りで人気の堤防だが、この日は2人がサオを出していただけ。話を聞くと、やたら潮が速くて釣りにならないらしい。前回と同じ状況だ。一体海はどうなってしまったのか、心配だ。

陸っぱりエギタコ釣りで本命3匹 良型バラシに悶絶【愛知・師崎港】ポイント図(作図:週刊つりニュース中部版 APC・日間賀島波止釣友会・中村輝夫)

本命マダコをキャッチ

そんなこんなで、外海を狙って投入。下げ潮がめちゃくちゃ効いているようで、すぐにラインが右に流されエギを動かせない。ここで外海を諦めて内側に移動した。白灯台周りの角は、潮の渦が出来るほど流れが速い。そのため白灯台の少し手前にある小突堤の先端から攻めてみよう。

流れの弱そうなヘチにタコパラを落とし、ゆっくりチョコチョコと誘いを入れて誘導する。すると1投目にグーッとサオに重みを感じた。根掛かりか、それともゴミか。サオは曲がり重みを感じたため、「よっしゃ~乗ったぜ!」と声が出た。テンションを掛けながらゆっくり巻いてくると、8本の脚を目いっぱい広げて浮いてきた。まずは1匹ゲットできてひと安心だ。

タコ400g級を追釣

突堤の先端付近ならば、タコがいると確信。ポイントは堤防際狙い一本に決めて落とし込む。また、タコは縄張り意識があるため同じ所にはいないと見て、落とす場所を変えながら誘いを入れる。

突堤を1周したところでサオ先にグーッと抵抗を感じた。きたか?ラインを緩めることなく張り気味にリールを巻く。リールが巻けるのでタコが乗ったなと確信。そのままリールを巻くと、数秒後に赤い脚が見えた。海面に出してから一気に抜き上げたのは、400gほどのタコだった。

ここで雨が降りだした。カッパのお出ましとなると堤防は私一人に。しばらく降り続いた雨がやんで青空が顔を出したとき、久しぶりにサオに重みが伝わってきた。これで3匹目をゲットだ。

良型ヒットも無念のバラシ

5匹はいけそうな雰囲気のなかで再度乗った。今までにない重みでサオが曲がる。これは700~800gほどだと慎重にやり取り。もう少し、もう少しと言いながら寄せてくると、やがて姿が見えた。良型だ!

あとは堤防へ抜き上げるだけだったが、上げた瞬間にエギだけが空に舞った。「えっ!」と思った瞬間、スーッと消えていくタコの姿を見てしまった。痛恨のバラシ。最後の詰めが甘かった。すぐに泳いでいった方向にタコパラを投入するが反応は出ず。バラした獲物は大きかったと反省しきりだった。

小ダコ追加し納竿

気を取り直して再度落とし込む。20分後、またしてもサオに重みが加わった。これは無事上がったが300g。先ほどと雲泥の差があった。

陸っぱりエギタコ釣りで本命3匹 良型バラシに悶絶【愛知・師崎港】タコパラを抱いて上がってきた(提供:週刊つりニュース中部版 APC・日間賀島波止釣友会・中村輝夫)

次はと思ったときにカミナリが一発。真っ黒な雲が近づいてきたので納竿した。皆さんも雷が鳴ったら釣りをやめよう。

<週刊つりニュース中部版 APC・日間賀島波止釣友会・中村輝夫/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
師崎港
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年7月3日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。