御前崎沖ジギングで多彩釣果 カンパチ・ワラサ・マダイ好捕【波丸】

御前崎沖ジギングで多彩釣果 カンパチ・ワラサ・マダイ好捕【波丸】

今年の御前崎はカンパチが多く、5kg前後が近海で上がっている。6月16日、静岡県御前崎市の御前崎港から出船する波丸に乗り、ジギングでカンパチを狙った。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・諸田知明)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

初夏の御前崎沖ジギング

静岡県御前崎市の御前崎港から出船している波丸に乗り、ジギングでカンパチを狙った。午前6時ごろ出船。前日まで風波ともに強く、出船が危ぶまれたが、当日は、ウネリは残ったものの、なんとかお目当てのポイントに行くことができた。同船の伊村船長の話では、非常に潮が速く、水深50mを攻める場合も200gのジグが必要とのこと。

御前崎沖ジギングで多彩釣果 カンパチ・ワラサ・マダイ好捕【波丸】乗船した波丸(提供:週刊つりニュース中部版 APC・諸田知明)

さらに、ジグが出す波動が、激流にかき消されないよう、しっかりインパクトを与えてジャークしたほうが良いとのアドバイスもあった。ちょうど新調したロッドのパフォーマンスを試すのにいい機会だ。

5kg超えカンパチをキャッチ

午前7時、サオ入れ開始。ソルティガ・サクリファイススティック200gを投入し、ボトムからショートピッチで誘い上げたあと、食わせのジャークに切り替え、誘っていった。しばらくすると、底から5mほど巻き上げたところでバイト。そのまま誘い続けると、再びアタックがあり、きれいにフッキングが決まった。

御前崎沖ジギングで多彩釣果 カンパチ・ワラサ・マダイ好捕【波丸】スリリングなファイトを展開(提供:週刊つりニュース中部版 APC・諸田知明)

ヒットと同時に反転し、きつく締めたドラグが心地いい音をたてる。ブリやワラサとは異なる、瞬発力のある突っ込みに、「もしや?」と期待すると、船長からも「カンパチじゃない?」とうれしい声。

パワーのあるタックルだったので、そのままグイグイとリフトしていく。その途中でも、相手は再びドラグを鳴らして抵抗する。やがて、海面に茶色い魚体が現れた。キャッチしたのは本命のカンパチ、サイズは5kg超だ。

ワラサ4kgをキャッチ

その後、タックルをワンランクライトにし、ジグも170gに変更。ジャークを続けていると再びヒット。

御前崎沖ジギングで多彩釣果 カンパチ・ワラサ・マダイ好捕【波丸】続いてワラサキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・諸田知明)

上がったのは4kgほどのワラサだったが、カンパチの豪引のあとだと、ファイトもなんだか物足りなく感じた。

SLJで多彩ターゲット手中

このあと、潮止まりを迎えたため、船は駿河湾口付近の浅場のポイントに入り、SLJ(スーパーライトジギング)で底物を狙うことになった。ジグは60~80g、タイラバを投入している人もいる。船中ではアカハタやアヤメカサゴが上がったほか、同船の人に良型のキジハタらしき魚がヒットしたが、バレてしまった。

同海域のSLJでは、多彩な魚がヒットする。主役のイサキやマダイのほか、キジハタやオオモンハタ、果てはマハタやクエまで、魅力的な好敵手が目白押しだ。

御前崎沖ジギングで多彩釣果 カンパチ・ワラサ・マダイ好捕【波丸】SLJでひと息(提供:週刊つりニュース中部版 APC・諸田知明)

しばらくSLJでインターバルを入れたあと、船は再び移動。

次のページでも青物続々追加!

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。