遊漁船スタッフに聞く『大山沖』スルメイカ攻略術 肝はバッテリー?

遊漁船スタッフに聞く『大山沖』スルメイカ攻略術 肝はバッテリー?

夏に最盛期を迎えるスルメイカ釣りは、プラヅノをアクティブに動かして誘う、まさに海の男のスポーツだ。6月23日、大山沖のスルメイカに挑んだ。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り イカ釣り

大進丸にてヤリイカ釣り

夏の訪れとともに最盛期を迎えるスルメイカ。多数のプラヅノをアクティブに動かして誘うこの釣りは、まさに海の男のスポーツだ。筋肉を躍動させて誘い、掛かるごとに増す重さを両腕で受け止めたとき、ランナーズハイに似た陶酔感が味わえる。

6月23日、ビームエムオージャパンの黒川さん、下田さんと、愛知県大山沖のスルメイカに挑んだ。 乗船したのは愛知県・南知多町豊浜漁港の大進丸。取材日の前週には、3ケタ釣果を上げる人も出ていたため、期待に胸が膨らむ。

遊漁船スタッフに聞く『大山沖』スルメイカ攻略術 肝はバッテリー?乗船した第二十一大進丸(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

前半は拾い釣り

出船後、長い航程を経てポイントに到着。水深は200m台後半、指定の250号オモリを装着した大山沖で定番のピンクのプラヅノ(16~18㎝)仕掛けを投入していく。

遊漁船スタッフに聞く『大山沖』スルメイカ攻略術 肝はバッテリー?シャクリをくり返す黒川さん(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

開始早々からポツポツとスルメイカが上がったが、連発とはいかない。直前まで荒天が続いていたため、事前情報が少なく、出船できない間に海の中もさま変わりしてしまったようだ。

遊漁船スタッフに聞く『大山沖』スルメイカ攻略術 肝はバッテリー?ポツポツと上がるスルメイカ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

後半戦で高活性の群れ捕捉

スルメイカ釣りは大進丸の看板のひとつ。舵を握る相川船長は、豊富な知識と、長年の経験を頼りに、後半戦でついに活性の高い群れを捕捉した。

遊漁船スタッフに聞く『大山沖』スルメイカ攻略術 肝はバッテリー?アシスタント役の竹内さんにヒット!(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

投入直後、当日の釣りをアシストしていた同船スタッフの竹内さんが、景気よくトリプルでスルメイカをキャッチし戦端を開く。すると、黒川さんもこれに続けとばかりトリプルを達成。

遊漁船スタッフに聞く『大山沖』スルメイカ攻略術 肝はバッテリー?黒川さん見事トリプルでゲット(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

当日有効だったシャクリ方

下田さんも船が流し直されるたびにダブルを演じ、数を伸ばした。当日有効だった誘いは、ひとシャクリでリール3回巻きの振り幅の大きな誘い。後半は、3段シャクリも効果的だった。

遊漁船スタッフに聞く『大山沖』スルメイカ攻略術 肝はバッテリー?初挑戦の下田さんも立て続けにダブル(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

今季も始まった大山沖のスルメイカゲーム。本番は7月後半から8月いっぱい。今釣行の翌週には、90匹を超える釣果も出ており、良い日に当たれば100匹超えの釣果が手にできるぞ。

遊漁船スタッフに聞く『大山沖』スルメイカ攻略術 肝はバッテリー?取材翌週に90匹を超える釣果も(提供:大進丸)

次のページで『大山沖』のスルメイカ攻略法を解説!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。