【明石2020】今期のマダコは絶好調の予感 夏以降の傾向を考察

【明石2020】今期のマダコは絶好調の予感 夏以降の傾向を考察

順調な2020年兵庫・明石のマダコシーズン。緊急事態宣言解除から好釣果が聞こえており、私自身も順調に釣果を重ねています。今回は、直近3回の釣行から今シーズンの傾向を考察してみました。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・丸山明)

丸山明

ゴムボートから始めたボート釣りも25年を過ぎ、もうover60です。釣りを極めたいです。

×閉じる

ソルトルアー エギング&イカメタル

2020年の明石マダコ釣り

兵庫・明石周辺に生息するマダコは、越冬時の水温の影響を受けます。2018年冬は、明石、二見での水温が7度を切る低水温になりました。これは、雪解け水の影響と聞きましたが、マダコは低水温に弱く、下限限度としては6度を下回ると死に至ると漁師に聞いたことがあります。

初春に二見港周辺でナマコ漁をする潜水漁師が、マダコの亡骸を多く見たという話もその時に聞きました。確かにこの年は、漁師、釣り人ともに振るわないシーズンとなりました。低水温で極端にマダコの個体数が減少したのでしょう。そして、翌2019年は例年並み水温で推移し、釣れる数は平年に戻りました。

そして2020年ですが、兵庫県水産技術センターの水温観測情報によると、2月の低水温期に10度を下回っていません。結果として、例年GW前後から開始されるマダコ乗合船では3月から釣果があり、乗合船のホームページは賑やかな状況です。

コロナ禍の外出自粛制限で巣籠でしたが、解除後は型も良く数も出て順調な釣果。筆者としても6月は、5、12、18日と3回の釣行とも順調です。

【明石2020】今期のマダコは絶好調の予感 夏以降の傾向を考察6月5日の釣果(提供:WEBライター・丸山明)

梅雨がタコを育てる

筆者は、「梅雨がマダコを育てる」と聞いたことがあります。一般的にマダコは真水を嫌い、大雨の後は活性が鈍ると言われます。しかし、雨で川から栄養素が多く流れることでプランクトンが増え、タコのエサとなるカニやエビなどの甲殻類が育ち、結果としてマダコが育つという食物連鎖です。

6月から出没するリリースサイズのちびっこも、梅雨のおかげで夏には食べごろのサイズに育ちます。2020年の梅雨は、降雨が多いと予報が出ています。特に西日本では降水量も多いということです。

梅雨のエギタコ釣り

次に、梅雨のエギタコ釣りのポイントを解説します。

エギカラーとアクション

梅雨により、水温や塩分濃度が変化して、活性に変化が出ることがあります。巻き上げ中のバラシが増える時は、活性が低く乗りが悪く、足1本に浅く掛かる傾向があるからで、こんな時ほどエギのカラーチェンジが効果あります。

【明石2020】今期のマダコは絶好調の予感 夏以降の傾向を考察足1本の掛かりはバレやすい(提供:WEBライター・丸山明)

タコは食いしん坊ですから、興味を引くカラーのエギが目の前に来れば飛びつくはず。エサと違い、エギタコ釣りは「色」と「動き」でタコを誘います。柑橘系・白色系のエギは必須アイテム。追加で、派手目系に地味目系があると良いでしょう。

【明石2020】今期のマダコは絶好調の予感 夏以降の傾向を考察タコエギいろいろ(提供:WEBライター・丸山明)

エギのアクションですが、好奇心の強い相手に「速い、遅い、小さく、大きく」の組み合わせで様々に誘います。掛けた時の「ズンッ」という重みが、マダコゲームの醍醐味です。

チャンスタイムを逃さない

マダコはナワバリを持つ生き物。エサとなる甲殻類が多い場所が一等地、潮に乗ってゆっくりと流れる船がマダコの筋に来た時は、勝負どころです。乗合船でバタバタと釣れる時がそのタイミングとなり、反応がない場合はエギの色を釣れている人と一緒にしましょう。乗合船のうまい利用方法でもあります。

また、釣れる場所では手返しを速くしましょう。獲物を入れる容器も近年は様々な形で、使いやすいものもあり、手返しに効果があります。

次のページで『明石の夏マダコ』の展望を解説

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。